取引所への登録から実際に仮想通貨の取引を開始するところまで実体験に基づいて解説しています。

 

今、このサイトを開いて私の書いたこの記事を読み始めた方の中の多くは、「仮想通貨」というものに対して

 

  • なんとなく興味はあるけど、なんか怪しい
  • すでに価格が暴騰してしまったし、今更始めても遅いのではないか
  • 投資と言っても、ある程度まとまったお金が必要なのではないか
  • そもそも仮想通貨ってなんなの??

 

といったことをお考えではないでしょうか?
まず安心していただきたいのが、「仮想通貨にまったく興味もないし、これから持つつもりも一切ない」という一部の層を除き、日本人の大半の方が皆さんと同じように考えているのが現状です。

 

しかし同時に、そのように考えながら仮想通貨取引を始めるかどうか迷っている今この瞬間にも、仮想通貨の価値は上がり続けており、それだけチャンスを逃しているという事を自覚する必要もあります。
(※2017年12月現在の状況での話となります)

 

 

当サイトについて

 

ビットコインの画像

元々株取引を主戦場として成功を収めてきた管理人が、遅ればせながら仮想通貨市場に参戦。
仮想通貨を始めるにあたって得た知識や、過去の経験に基づいた独自の視点や相場観などを共有し、仮想通貨を始めるかどうかを迷っている方達の背中の後押しをすることを最大のコンセプトとしています。

 

仮想通貨の未来を信じ、より一層仮想通貨が盛り上がるためには投資家達だけではなく一般層の参入も必要だと考えています。
そしてこれからそのような流れになっていくのが必然だと考えています。

 

仮想通貨の将来性

 

2017年12月現在、ビットコインを中心とした仮想通貨は全体的に過去最大級の高騰を続けており、もはやバブルと言っても過言ではない状況となっています。
続々と大手の企業が仮想通貨市場に参入をし始め、広告やニュースなどを通じて目にしない日はありません。

 

ビットコインの高騰を表すグラフ

 

ここ数年、特に最近になって想像を絶する勢いでその価値を高めてきている仮想通貨ですが、この先一体いつまで上がり続けるのか。一番気になるところかと思います。

 

あくまで過去の株取引での経験などを基にした個人的な見解に基づくものであり、100%保証するものではありませんが、私は最低でも2020年の東京オリンピックの頃までは上がり続けるのではないか、と考えています。
世界中のあらゆる国の人々が集まる中で、ビットコインのような共通の通貨の利便性はとても高く、その頃までには今とは比べ物にならないほど多くの場面で使えるようになっているのではないかと予測しています。

 

具体的にいくらまで上がるのか、そもそも本当に上がるのか、それはその時になってみなければわかりませんが、いま持っている仮想通貨が暴騰すれば、億万長者も決して遠い夢ではありません。
仮想通貨の未来を信じ、より一層仮想通貨が盛り上がるためには投資家達だけではなく一般層の参入も必要だと考えています。そしてこれからそのような流れになっていくのが必然だと考えています。

 

 

仮想通貨って何??

 

-----------------------------------------------------------------
かそう
【仮想】
《名・ス自他》事実でないことを仮にそう考えること。仮定しての想像。
-----------------------------------------------------------------

 

「仮想」の意味を調べるとこのように出てきますが、だからといって仮想通貨は「仮の通貨」や「偽物の通貨」といった意味合いのものではありません。
アメリカでは「暗号通貨」や「デジタル通貨」などと呼ばれており、ビットコインで決済が可能な店舗も多いです。
日本ではまだビットコインですら使える店舗が少ないため、価値を示す数字だけが先走った実体のない怪しい通貨、というネガティブなイメージが拭えないのかもしれません。
しかしその先入観は正しいものとは言いがたいです。

 

仮想通貨に用いられている革新的技術

ビットコインを中心とした仮想通貨には「ブロックチェーン」と呼ばれる革新的な技術が取り入れられています。
この新しい技術がもたらすメリットは多大であり、仮想通貨の安全性や信頼性のバックボーンとなっていると言えます。
ブロックチェーンや仮想通貨に関する詳細はまた別頁にて解説させていただきます。

 

仮想通貨とは?

法定通貨との違い

ブロックチェーンの解説

電子マネーとの違い

仮想通貨用語集

仮想通貨の安全性と信用

 

通貨の信頼性

 

ビットコインと円をネットで使う女性

日本人である私達にとって日本「円」は絶対的な信頼性を持った通貨であることはゆるぎなく、実際に日本に住む人であれば「円」を日常生活でも必ず使っていることでしょう。
円は世界的に見ても信頼性の非常に高い通貨であり、その事がまた日本人から仮想通貨を遠ざける一つの要因になっているようにも思えます。

 

実際に、例えば中国では人民元の偽札が横行しており、銀行のATMから偽札が出てくるなんてことも珍しくなく、人民元の信頼性が揺らいでいます。

 

その結果、「信頼のできる」ビットコインに走る人が多いと言われています。

 

このようにビットコインを「信頼できる」「安全で将来性がある」と考え買う人が増えればその価値は上昇し、逆に信頼性がないと思って手放す人が増えると価値は下落します。
今の価格の高騰は、つまりそれだけ多くの人が仮想通貨の価値を認めているということに他なりません。

 

まずは仮想通貨を「知る」ところから始めて、そこに価値を見出すことが出来るかどうかを判断できるようになることがなによりも重要です。

 

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類の多さ

 

現在、ビットコインやイーサリアム、リップルといった仮想通貨の銘柄は1000種類以上あります。
その中にはビットコインのようにここ数年で大幅に価値を上昇させたものもあれば、まだできてから間もなく、1枚あたりの価値が1円にも満たないようないわゆる「草コイン」と呼ばれるものまで様々です。

 

どれも仮想通貨であることには変わりはありませんが、取り入れられている技術が違ったり、想定している用途が違ったりと、特徴があります。

 

どの仮想通貨を買えばよいのか

 

取引所に登録はして口座も開設した。
本人確認も終わり口座への入金もOK。
あとは買うだけ。

 

私はここまで来て始めて知りましたが、仮想通貨ってたくさん種類があるんですよね。
私が登録した取引所でも13種類、多いところではもっと多くの銘柄を取り扱っています。
そしてそれぞれ1枚あたりの価格が異なります。ビットコインのように100万円を超えるものもあれば、30円程度のものもありました。

 

適当に選んではいけない、と思い急遽それぞれの銘柄についての情報を集め、その特徴をインプットしました。
その上で自分の中で魅力的に感じたものを選んでいくことにしたのです。

 

実際に私がどの銘柄を選んだかは明かすことは出来ませんが、このような下地を作っておいたことで迷いもなくなりましたし、非常に有意義だったと感じています。

 

当サイトでは私が情報収集した各仮想通貨の特徴もまとめてご紹介しています。

 

仮想通貨一覧

 

コイン名

単価

時価総額

信頼性

将来性

ビットコイン(BTC) 2200000円 35兆6000億円
イーサリアム(ETH) 90000円 8兆7500億円 A+
リップル(XRP) 90円 3兆4500億円 A+
ライトコイン(LTC) 40000円 2兆1500億円 A+ A
ネム(XEM) 100円 9500億円 A A+

※上記表内の数字は常に変動しており、あくまでも目安となります。

 

その他の仮想通貨はこちら

 

実際に仮想通貨を買うには

 

もし仮にあなたが仮想通貨の仕組みを理解し、信頼の出来る通貨として認めることができるようであれば、実際に仮想通貨を購入するという選択肢も必然的に出てくるかと思います。

 

購入までの流れ

では仮想通貨を購入するにはまず何をすればよいのか。その手順は以下の通りです。

 

仮想通貨の取引所に登録し、口座を開設する。
登録した取引所で本人確認を済ませる
取引所の口座に日本円を入金
入金が取引所の口座に反映されたら仮想通貨を購入

 

実際に私が取引所に登録した際の流れ感想などはここでは割愛させていただき、別頁で詳しくご紹介いたします。
また、仮想通貨の取引所は大小様々あり、それぞれ取り扱っている仮想通貨の種類が違ったり、使い勝手が違ったりと特徴があります。
登録して口座を開設することにはお金はかかりませんし、一つの取引所しか選べないなんて縛りもないので、そこまで慎重に選ぶ必要もないというのが私の見解ですが、やはり最初は使いやすさを重視しておくと良いと思います。

 

 

取引所一覧

 

取引所名 サービス開始日 資本金 金融庁許可 使い易さ
ビットフライヤー 2014年1月 41億238万円 A+
コインチェック 2014年11月 9200万円 △(申請中)
ザイフ 2014年6月 8億3013万円 A+
ビットバンク 2014年6月 3億8100万円
GMOコイン 2017年5月 5億円

 

その他の取引所一覧はこちら

 

仮想通貨でできること

 

仮想通貨でできることは大きく分けて5つあります。

 

決済

仮想通貨は円やドルのような法定通貨と同じように、飲食店やECサイトでの支払いなどの決済に使用することができます。
日本ではまだまだ対応している場所は少ないですが、これから将来的に増えてくるのではないかと思われます。
現金以外での支払い方法といえば、クレジットカードがまず真っ先に思い浮かぶかと思いますが、ビットコインなどの仮想通貨であれば店舗→クレジットカード会社への手数料のようなものがほとんど発生しないため、店舗にとってもメリットが非常に大きいです。

 

送金

現代社会においてはお金を誰かに送る場合、銀行を通じて振込みをするのが主流です。
個人対個人、会社対会社、様々なケースで膨大な回数の振込みが毎日行われておりますが、その都度決して安くはない手数料がかかります。送金の相手が海外ともなればその手数料はさらに跳ね上がります。
これが仮想通貨であれば、ほとんど手数料を取られることもなく、数分で行うことが可能です。

 

投資

仮想通貨は現在、その価値が激しく変動しており、その変動差を利用して利益を得ることも可能です。
価値が低いときに買い、価値が上がったら売る、ということを続けるという投資スタイルになります。
一般的に投資といえばまとまった資金が必要で一般人には手を出しづらいイメージがありますが、仮想通貨でえあれば数百円からでも取引をすることが可能なので、リテラシーの高い若い人やお小遣い稼ぎをした主婦層などもどんどん参入してきています。

 

ファンディング

ファンディングとは、寄付や特定の事業への投資などを指します。
従来はいずれも特定の窓口を介する必要があったり、面倒が多かったものです。
仮想通貨であれば小額からいつでもネットから気軽にできるというメリットがあります。

 

貯蔵

仮想通貨も他の通貨などと同様に、資産として保存することができます。
法定通貨に換算した場合の価値が変動するという特徴がありますが、いつでも等価値で使うことができるので、円やドルを持っているのと同じ資産的価値があると言えます。

 

上記からもわかるように、仮想通貨はすでに法定通貨とほぼ同様の使い方ができる上に、従来取られていた手数料や手間がかからなくなるというメリットがあります。
そして本格的な投資から、副業として小額でのお小遣い稼ぎまで、様々なスタイルでの取引が手軽にできる点も大きな特徴と言えるでしょう。

 

仮想通貨でできること

 

仮想通貨の今後

 

私の周りで仮想通貨をやっていない人たちによく言われるのが

 

「仮想通貨って言っても実際に使えるところなんてほとんどないんでしょ?使えないものに価値はなくない?」
「現金化するときに手数料取られるんじゃないの?とゆうか現金化できなくなっちゃうようなリスクもあるって聞くけど」

 

ビットコインと犬の画像

これはどちらも間違っていません。
日本ではまだビットコインが使える店舗や場面は少ないですし、それ以外の仮想通貨に至っては使える場面がないものすらあります。
そして現金化についても取引所にもよりますが、おおよそ0.6%ほどの手数料が引かれます。
これが高いか安いかは別として、手数料がかかるというのは事実です。そして過去には仮想通貨を取り扱う取引所が破綻したことがあるというのも事実です。

 

しかし、そのような意見は仮想通貨の見方として根本的にズレているように思えてなりません。

 

まず、仮想通貨が使える店舗や場面はこれから増えていくでしょう。
絶対と言い切ることは残念ながら問題があるためできませんが、国際化社会が進み、インバウンドビジネスも注目度が上がっている今、これは必然に近いものだと思います。

 

そして使える場面が増えれば、使う人が増えるでしょう。そうなれば、価値はもっと上がるかもしれませんね。
今価値を見出せないからと言って切り捨てるのは、仮想通貨に限った話ではなく短絡的なのではないかな、と思います。

 

次に、現金化についてですが、私の場合そもそもにおいて現金化することを考えていません。

 

なぜなら仮想通貨に価値を見出し、将来的に仮想通貨が法定通貨と同様かそれ以上の利便性をもってして使える世の中が来ると考えているからです。

 

もちろんそこまでの長期的な保有ではなく、短期的に考えるのであれば現金化は一つの大事な区切りになります。
個人的な意見としては手数料は安いですし、今の上昇気流は短期的な投資としてみても乗らない手はないのではないかと思います。

 

「あの時やっていれば良かった・・・」
なんて後悔することのないよう、まずは仮想通貨を知り、大事な一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

仮想通貨の今後