仮想通貨のボラティリティの高さをあらかじめ知っておくことで狼狽売りをしてしまわないようにしましょう。

取引の基本・心構え

 

仮想通貨のメリットとデメリットを知る

 

仮想通貨を単純に「やれば儲かる」程度の感覚で始めようとしている方は一度冷静になって考える必要があります。
たしかに2017年の12月からのビットコインを中心とした仮想通貨の暴騰は非常に刺激的であり、期待感を煽りました。

 

しかしその後細かい暴落と回復を繰り返しながら徐々に値段は下がり落ち着いていったことも知っておく必要があります。
当然ながら高値で掴んだ方は現状で資産価値を減らしていることになるのですが、果たしてこれを損していると捉えるかどうかはとても重要です。

 

200万円で買ったビットコインを100万円に下がったところで売ってしまえば、それは100万円の損が確定しますが、売らずにその後の再浮上に期待して持ち続けている限りは損をしていることにはならない、とも言えるのではないでしょうか。

 

その答えはその後の結果を見ないとわからないことですが、仮想通貨を始めるにあたってあらかじめ知っておくべきことや持つべき覚悟について語ります。

 

ボラティリティの高さ

まず初めに知っておかなければいけないこととして、「仮想通貨の値動きの激しさ」です。
値動きが激しいことを「ボラティリティが高い」といいますが、仮想通貨のボラティリティの高さは株式市場のそれと比べても圧倒的です。一日単位、一時間単位でとんでもない高騰や暴落をすることもあります。
常にチャートに張りつけるトレーダーであればまだしも、昼間仕事をしている人にはこの動きに即座に反応して動くことはなかなか難しいでしょう。夜中寝ている間に価格が大幅に動くこともよくあります。

 

売り時や買い時は自分の思った時に来てくれるものではありませんので、自分に都合の良い売買は基本的にできないことを前提に考えておいた方がよいでしょう。

 

狼狽売りをするくらいなら最初からやらない

 

暴落で慌てて売りに出す人間は仮想通貨に向かないとバツをつける女性

 

取引を始めた後に自分の持っている銘柄が暴騰するのは良いですが、逆に暴落してしまったときに慌てて売りに走ってしまうようであれば最初からやらない方が良いかもしれません。
なぜなら、そのような場面は一日に何回も来ることすらあり、精神的にもつらいですし、なにより資産を減らして終わる可能性が高いからです。

 

この仮想通貨バブルで一発逆転を・・と考えている方もいるかもしれませんが、個人的にはおすすめしません。仮想通貨への投資はあくまで余剰資産、最悪の場合失っても諦めの利く範囲でやるのがよいのではないかと考えています。

 

余裕のある範囲でやるからこそ、値動きに動じることなく長期保有ができるのです。

 

長期保有と短期保有

 

銘柄についてよく調べ、その適正価格を考えてから買う

初心者の方が買う銘柄を選ぶときにありがちなのが「単純に1枚あたりの価格が安いから買う」ということです。
実際にネムやリップルをそういった理由で持っている方も多いと考えています。(ネムやリップルに価値がないということではありません。)
しかしネムやリップルがビットコインのように1枚100万円を超えるようなことがあるのかと聞かれれば、それはないと言い切れるでしょう。それは発行枚数がそもそも違うからなのですが、そういったことは事前に調べればわかることです。

 

そしてその銘柄が持つ特性や優位性を考慮したときに、適正価格に対してまだまだ安いと考えれば投資対象として見るべきですし、逆であれば様子を見るべきです。これには1枚あたりの単価は関係ありません。

 

このように銘柄についてよく知るということで、投資の根拠がしっかりと固まるため、少しの値動きに一喜一憂するようなこともなくなります。