仮想通貨のブロックチェーンとメガバンクの中央サーバー管理を比較して解説しています。

ブロックチェーンとは?

 

ビットコインを支えるブロックチェーンのイメージ画像

ビットコインを中心とした多くの仮想通貨の安全性を支える最新のIT技術、それがブロックチェーンです。
その名の通りイメージとしては多くの箱(ブロック)を鎖(チェーン)でつないでるものとなります。

 

その詳細は後述しますが、ブロックチェーンは非常に革新的技術であり、最近では日本のメガバンクもブロックチェーンを応用した技術開発に注力し始めています。
大手メガバンクも認めるだけの技術であり、それが仮想通貨お安全性を担保しているのです。

 

メガバンクの台帳管理

では、何が革新的であり、素晴らしいのか。
せっかく話にも出たのでブロックチェーンによって守られている仮想通貨と、メガバンクとを対比しつつ見ていきましょう。

 

莫大な顧客を持つメガバンクはその顧客の台帳を中央サーバーと呼ばれる一つの巨大なコンピューターで管理しています。台帳とは顧客それぞれの取引履歴や入出金履歴が記録されているものです。

 

とても大事な情報であり、その数も膨大です。そのためメガバンクはこの中央サーバーの維持に多大なコストを注いでいます。
もし万が一このサーバーにハッキングされて台帳が改ざんされてしまったりしたら一大事だからです。実際の預金額よりも多くしたり、他人の預金を盗んだりとやりたい放題されてしまうでしょう。
そのためセキュリティなどの保守には巨額を投じて万全の態勢を取っているのです。

 

そのコストはどこで賄われているのかと言えば、我々顧客が支払う手数料などにあたります。

 

ブロックチェーンによる台帳管理

それに対して、仮想通貨にはメガバンクのような中央サーバーは存在せず、仮想通貨を持つ顧客台帳はネットワーク上の不特定多数のコンピューター上に分散させて共有しています。
それぞれのコンピューターがブロックを持ち、それがチェーンで繋がっているイメージです。

 

この保存されている情報を改ざんしようとした場合、ブロックチェーンのネットワークで繋がっているコンピューターの情報をすべて書き換える必要があり、それは事実上不可能とされています。

 

もしどこかしら一つのブロックが攻撃されて改ざんされてしまったとしても、その他多数のブロックと照らし合わせた結果、イレギュラーが出たブロックの情報は正しくない情報として処理されるのです。
中央サーバー1ヵ所で管理しているのに比べてコストを掛けずに高い安全性を実現できるところがブロックチェーン技術の素晴らしい点です。

 

どちらも安全性は非常に高いのですが、一つだけ明確に違う点があります。それはコストの有無です。

 

中央サーバー型には非常にコストがかかるのに対して、ブロックチェーンの分散型台帳技術にはコストがほとんどかかりません。

結果的に顧客は手数料をほとんど取られることなく決済や送金などの経済活動を行うことができるよになるというわけです。