オーガー(REP)の仮想通貨としての問題性と将来性をくわしく解説していきます。

オーガー(REP)

 

仮想通貨のオーガー(REP)

 

オーガー(REP)は2018年4月現在時価総額ランキング48位の仮想通貨です。
コインチェックなど日本の取引所にも上場されていて、通貨名称が「REP」のため、リップルと勘違いされやすいことでも有名です。

 

オーガーの概要

 

オーガーは2015年8月にクラウドセール(ICO)がおこなわれ、その後2016年10月にローンチした仮想通貨で最大供給量は1,100万枚です。
オーガー(Augur)の名称は古代ローマの公職のひとつにあった「アウグル(Augur)」という占い師を由来にしています。
コンセプトは未来を予想するコインで仮想通貨の中でもギャンブル的な要素を持っています。
REPの通貨単位にした理由はReputation(評判・世評)という未来予想の言葉によるものです。

 

 

仕組み

 

オーガーはイーサリアムのスマートコントラクトをベースに応用したシステムを使っています。
発行上限枚数はすでに上限に達していて、今後新規発行されることはありません。
マイニング不要のシステムでこれから新たに取得するには購入するしかありません。
運営は自動によって行われていて、通常のギャンブルのように運営元が大儲けするシステムではありません。

 

 

用途は賭け事

 

ギャンブルの聖地ラスベガス

 

未来を予想するコインは聞こえはいいですが、中身は賭け事です。

 

オーガーではコミュニティを通じて様々な未来の予測(イベント)が行われ、正解はリポーターと呼ばれる群衆が判断します。
簡単に言えば、運営が正解を決めるのではなく群衆による多数決で正解が決まります。
予測通りに賭けた人はオーガーをもらえて、予測通りにならなかったらオーガーを失います。

 

世界中の人々が参加しているため、特定のグループが共謀して特定の答えに導くことは困難で正しいレポーターの判断を期待できることと、運営者の取り分がなく公平性の高い点がオーガーの強みです。

 

 

オーガーの問題点と将来性

 

オーガーはイベントを提案して、それに対して仮想通貨でBETをするギャンブルのような仕組みです。
日本をはじめ先進国はギャンブルの取り締まりが厳しく、国内から利用する事自体に違法性があるという声もあります。
つまり、仮想通貨の規制だけではなく賭博法の規制の影響も受けるリスクがあります。

 

外国の仮想通貨なので日本だけ規制を受けても影響は限定的ですが、世界でオーガーを禁止にする動きが出れば価値は大暴落するでしょう。
規模(参加者や動かす金額)が大きくなるほど問題視されるリスクも高まります。

 

ただし、運営の手数料もなく公平性も高いので、普及して違法性のない流れになれば参加者の拡大も予想され価値も高まっていくでしょう。
今後は保険業界に参入する噂もあり、システムとしての信頼性や魅力は大きいです。

保有するメリットとしては、オーガーのイベントに参加できることです。

 

 

これまでの値動き

 

賭け事に使われるトランプ

 

上場当初は200円弱の水準で推移して、2016年6月には1,000円以上に高騰します。
その後はギャンブルに対しての法律的な問題を指摘する声もあって2016年12月には400円台まで下落します。

 

2017年に入ってからは仮想通貨全体の規制緩和による期待で値上がりをはじめ6月には3,000円突破、その後は2,000円前後まで反落することも何度かありましたが12月の高騰では2万円以上を付ける場面もありました。
2018年1月中旬までは1万円前後の水準を維持していましたが、その後も下降トレンドが続き2018年4月は2,000円台での推移になっています。