仮想通貨「バイナンスコイン(BNB)」の特徴や今後の将来性について解説していきます。

バイナンスコイン(BNB)

 

仮想通貨のバイナンスコイン(BNB)

 

バイナンスコイン(BNB)は世界最大級の仮想通貨取引所「バイナンス(binance)が発行している仮想通貨です。
バイナンスでの取引手数料の割引も行い、2017年7月25日から最大4年間の手数料割引を発表しています。
もともと、バイナンスは海外取引所で円建て仮想通貨を買うことはできず、対応している仮想通貨に両替して送金してから取引する流れです。
バイナンスコインは投資家からの需要を期待できます。

 

バイナンスコインの概要

 

取引所大手のバイナンスが取引所開設と同時期の2017年7月より公開した仮想通貨です。
発行上限量は2億枚で1億枚は7月のICOで発行、40%は開発チーム、10%は創業時の投資家に分配されました。(すでに上限枚数発行済)
イーサリアムのブロックチェーン上で発行されたERC20トークンの一つです

 

バイナンスコインを保有するメリット

 

バイナンスコインは取引所のバイナンスでの利用を目的にしていて、保有すると以下のメリットがあります。

 

  • 手数料の割引

1年目50%、2年目25%、3年目12.5%、4年目6.75%

 

  • 投票への参加権

 

  • ICOの購入権

 

  • 4半期ごとにバイナンスの利益から20%の買い戻しがあり価値が上がる

 

バイナンスは全銘柄0.1%の格安手数料が売りですが、バイナンスコイン建てをするとさらにお得になります。
割引サービスは4年後に終了する見通しですが、4半期ごとに利益の20%を買い戻しされるのでホールドしているだけで価値の高まる可能性があります。

 

すでにバイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所に成長しているので、利益も期待できます。
ほかにもバイナンスの投票、ICO購入権など魅力的な特典も豊富です。

 

購入できる場所は主にバイナンスになります。仮想通貨の中でも手堅いサービスなので、バイナンスコイン目的でバイナンスに口座開設する方も多いです。
さらに、将来的には外貨FXなど多方面でも使えるように拡大していくプランも持っています。

 

2018年4月現在最高値付近で推移

 

仮想通貨の多くは2017年12月から2018年1月に高値をつけて、その後は大幅反落しています。
バイナンスコインは2018年12月から高騰をはじめます。
対ビットコイン(BTC)で上場後に0.0002BTCで推移していたところ、2018年1月には0.0017BTC水準まで高騰しました。
一度反落する場面もありましたが、2018年4月も再び0.0017BTCの上場来高値水準で推移しています。

 

バイナンスの口座を保有する投資家であればバイナンスコインを持っていれば、様々な仮想通貨へ投資もできますし、ペアの相手が下落してもバイナンスコインの価値が上がれば損失を補填できます。

 

取引所が儲かればバイナンスコインの価値も連動して上がっていくので、歴史の浅いアルトコインではありますが実用性は非常に高いです。
バイナンスの運営実績を見ればセキュリティの信頼性も問題ないでしょう。