ビットコインは現存する仮想通貨の基本とも言うべき存在です。

ビットコイン

 

仮想通貨のビットコイン

 

ビットコイン(BTC)は現在数多くある仮想通貨のベースであり基本とも言える通貨です。
多くの方は仮想通貨=ビットコインという認識を持っているでしょう。

 

仮想通貨はビットコインとビットコイン以外の通貨に大きく分けることができます。
ビットコイン以外の通貨を総称してアルトコインと呼びます。

 

ビットコインの開発

ビットコインは2009年にサトシ・ナカモトと名乗る人物によって発表された論文をベースにリリースされました。
そして2010年にはアメリカでビットコインを使った商取引(10000BTCでピザ2枚を購入)が行われ、実際に通貨としての機能を持つことを証明しました。

 

その後様々な世界情勢と共にビットコインは価格変動を繰り返しながら2017年の12月には1BTCが200万円を超えるまでに高騰したことは記憶に新しいところです。

 

ビットコインの特徴

ビットコインに限らず仮想通貨全般に共通した特徴として、容易で安価な手数料による送金が可能になる点が挙げられます。

 

従来の銀行を介した海外送金では数千円~数万円の手数料に加えて送金完了までに時間も要したのに対して、ビットコインなどの仮想通貨であればそれを大幅に削減することができます。

 

また、ビットコイン独自の特徴としては、発行枚数があらかじめ最大に2100万枚までと決められている点です
誰かの任意でそれ以上に枚数を増やすことが出来ないため、人為的なインフレを未然に防ぐことができるので、価値の暴落など所有者にとっての不利益が起こりにくいと言えます。(現在はまだ価格の乱高下が続いていますが)

ビットコインの抱える問題点

 

ビットコインのチャート

 

仮想通貨は金などのように現物がなく、データとして保存されます。
その保存の仕方は人それぞれですが、大半は自分のPC上のウォレットか取引所のウォレットに入れておくことになるかと思います。
ビットコイン自体は改ざんや消失といったトラブルは基本的に起きないような構造になっていますが、ウォレットや取引所に対するサイバー攻撃によってビットコインを盗まれる、といったリスクは存在します。

 

また、マウントゴックスのように取引所自体が破綻してしまい、預けていた資産が消滅してしまうといったケースも過去にはありました。

 

これらの問題には所有者各自がネットリテラシーを高め、パスワードの管理やセキュリティの維持、ウォレットの分散などの対処をしていく必要があります。

ビットコインを持つメリット

暴騰にも述べたように、仮想通貨はビットコイン以外にもたくさんあり、それぞれが独自のコンセプトや特徴を持っています。
取引所によって扱っている銘柄も異なりますが、すべての通貨を日本円で買えるわけではありません。

 

現在は、国内取引所で取り扱っていない銘柄を買う場合、日本円では買うことができない反面、ビットコインであればほとんどの銘柄が購入可能です。

 

つまり、日本円で一度BTCを購入し、それをを使って目的の銘柄を買うことになるのです。

 

仮想通貨の取引をすることにおいては現在もビットコインがもっとも高い利便性を示しており、それが現在の価値の高騰に顕れていると言えます。
そして今後は仮想通貨の取引だけでなく、実生活での決済ができる場面もどんどん増えていくことが予想されています。

 

これから仮想通貨が実生活にどんどん組み込まれていく流れに合わせて、いまのうちからその扱いに慣れておくことは決して損にはならないでしょう。