ビットコインキャッシュは取引量が増えたビットコインが抱えていた問題を解決するために派生した仮想通貨です。

ビットコインキャッシュ

 

仮想通貨のビットコインキャッシュ

 

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月1日にビットコインよりハードフォーク(のれん分け)した仮想通貨です。
ビットコインの履歴は引き継がれますが、新しく取引する場合は完全に独立した別の通貨として扱われ、価格変動もビットコインとは多少の連動性はあるものの別物です。

 

ハードフォークでビットコインキャッシュが生まれた経緯

 

ハードフォークした当時のビットコインは取引量が増えてきたことによる取引スピード低下の問題を抱えていました。
この問題を解決するべき一部のビットコインマイナーにより生み出された経緯があります。

 

基本的な機能はビットコインと共通しているため名称も残していて、問題を解決するべくブロックサイズの上限を8MBに拡大する改良をしました。(※ビットコインは1MB)
ほかにもハードウェアウォレットを導入してセキュリティを向上させています。
当初はシステムがうまく機能せず、ビットコインよりも速度が遅くなる問題もありましたが、その後はシステムも向上したことや、ビットコインに変わる通貨として期待されて注目されています。

 

登場した当初は5万円程度の価格でしたが、2017年12月には40万円以上の値を付ける場面もありました。
その後はビットコインが大暴落した影響も受けて2018年2月現在9万円程度まで値を戻しています。

 

ビットコインキャッシュを持つメリット

 

ビットコインキャッシュのメリットを表す手

 

1番の特徴はブロックサイズの上限を8MBにしている点です。
2017年11月ころには、ビットコイン以上の高騰を見せましたが、ビットコインのブロックサイズが小さく取引スピードの限界が見えてきたことで、市場はビットコインキャッシュに注目する動きを見せました。
しかし、ビットコインに比べて開発者が少なくシステムに問題もあるなどネガティブな意見もあります。

 

将来的にはビットコインに一極化する可能性もありますし、ビットコインキャッシュがビットコインに変わる主力の仮想通貨に成長する可能性もあります。
仮想通貨市場全体の動向にも影響を受けますが、ビットコインと合わせて保有しておくとリスク回避にもなると考えられています。

 

仕組みもビットコインと共通点が多いので利用者に受け入れられやすいです。
国内の大手取引所での取り扱いもあり、大手マイニング企業もビットコインキャッシュについてポジティブな意見を述べるなど明るいニュースもあります。