イーサリアムは時価総額で2位という非常に規模の大きなアルトコインです。

イーサリアム

 

仮想通貨のイーサリアム

 

イーサリアム(ETH)時価総額でビットコインに次ぐ2位、アルトコインの中で最大の規模を持つ仮想通貨です。

 

一時はリップルに時価総額で抜かれた時期もありましたが、2018年年明けに仮想通貨市場の暴騰が落ち着き、どの銘柄もゆるやかな下降線をたどっている中、イーサリアムだけはその価値を高め続けており、時価総額2位の地位を堅いものとしています。
ここではイーサリアムの仮想通貨としての特徴などについて筆者の見解を踏まえて解説していきます。

イーサリアムの特徴

イーサリアムもビットコイン同様にブロックチェーンの暗号技術を利用したですが、ビットコインよりも優れた点があります。
それは「スマートコントラクト」という独自の技術を用いてる点です。これはビットコインの弱点を解消する技術と言えます。スマートコントラクトについては後述します。

 

イーサリアムはビットコインのように上限枚数は決められておらず、現在も発掘され続けています。
ただし、この新しいコインの発掘に採用されているアルゴリズムがイーサリアムの場合、ビットコインのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)ではなく、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)となっています。

 

簡単に違いを説明すると、ビットコインの場合は働いたものに報酬が渡る仕組みであり、より性能が高いコンピューターで多くの電力を消費したものだけに独占されがちな傾向にあります。
それに対してイーサリアムの採用するPoSは所持しているコインの年数に応じて報酬を発行する仕組みであり、大きな電力を消費することもなく、採掘の独占も防ぐことができます。
この点もビットコインを上回るイーサリアムの特徴と言えるでしょう。

スマートコントラクトとは

 

イーサリアムのスマートコントラクトとは?

 

マートコントラクトとは、通常ブロックチェーン上では送金などの取引情報だけを記録していくのに加えて、その取引情報に契約情報やその他のプログラムなどを記述することができるというものです。
ベースにしているのはブロックチェーンでありビットコインと変わらないのですが、イーサリアムではこのスマートコントラクトによってより画期的な取引が可能となります。

 

ブロックチェーン上で仮想通貨のやりとりだけでなく、様々なデジタルコンテンツの売買なども可能になるのです。
これはビットコインでは不可能な取引であり、将来的にイーサリアムがビットコインに取って代わることもあるのではないかと思わせるほどのものです。

イーサリアムを購入するには

ここまで説明してきた通り、イーサリアムには採掘に採用しているアルゴリズムやスマートコントラクトなど、すばらしい技術が用いられており将来性も非常に高いアルトコインです。

 

現に海外も含めて取り扱っている取引所は非常に多いので、特別どこかの取引所に登録しないと買えない、といったことはありません。
ただ、多くの取引所が取り扱っているだけに取引所によってスプレッドなどによる価格差は常にあります。

 

多くの取引所を見比べ、より低価格でいつでも購入できるように、あらかじめ複数の取引所の口座は開設しておくようにしましょう。