ファクトムは住宅ローン市場をターゲットにしてアメリカで公開された仮想通貨です。

ファクトム(FCT)

 

仮想通貨のファクトム(FCT)

 

ファクトム(FCT)は仮想通貨のブロックチェーンの膨大なデータ量と高額な手数料のデメリットを解決するべく2015年にアメリカで公開された仮想通貨のためのプラットフォームです。
使用するために「factoid」というトークンを用意されています。発行運営はアメリカのファクトムプロジェクトチームが行っています。
ビットコインのようなデジタル通貨ではなく、電子データを記録するプラットフォームで証明書類や文章の認証をできることが特徴です。

 

壮大なファクトムハーモニープロジェクト

 

住宅と虹

 

電子データの記録は幅広いビジネスシーンでの活用が可能ですが、ファクトムが一番のターゲットにしているのは住宅ローン市場です。

 

不動産売買は個人同士の取引も可能ですが、資金や契約面など難しいことが多く、不動産仲介会社や金融機関が絡む取引が主流です。
外部業者を利用して不動産取引をすると、当然中間マージンや運営・管理コストが発生します。
ファクトムハーモニーのシステムを不動産取引をする業者に使ってもらうことで、コストカットと不正防止による健全な取引、セキュリティ対策をできるメリットがあります。

 

ファクトムハーモニープロジェクトでは、アメリカの約1兆5千億ドルにのぼる住宅ローン市場をまとめてパッケージングしようというものです。
ほかにも新しい電子身分証の普及を目指すプロジェクトも行っていて、実現させるには障害も多いですが壮大な野望をもっています。

 

 

まだ開発段階

 

ファクトムはビットコインと同様にブロックチェーンに依存したシステムになっています。
一番の問題は処理速度になり、狙っている市場が大きいだけに安全性を確保しつつ、どうやってシステムを効率化できるかが今後の焦点です。
ファクトムに賛同している人は多く、運営チームはアメリカや中国など世界に支店を持っています。

 

マイクロソフトのビル・ゲイツのビル&メリンダ・ゲイツ財団から5000万ドルもの資金提供をはじめ、世界中から出資を受けていて、本気でアメリカの電子データ市場の最大手を狙っています。
まだ開発段階ではありますが、資金力も豊富で開発者の能力も高いです。

 

もしファクトムが普及すれば世界のあらゆるシーンで活用される需要があり、世界的なプラットフォームに成長する可能性もあります。

 

ファクトムの価格推移情報

 

2017年3月までは300円~500円ほどで推移していました。
2017年3月から上昇をはじめ、6月には3,500円を付けます。
その後は下落に転じる場面もありましたが、2017年12月に高値を更新すると、一気に上抜けして1万円以上を付ける場面もありました。

2018年2月には3,000円前後まで下落していて、2017年12月以降に高騰したアルトコインの中でも下落幅が大きいです。

 

保有するメリット

 

実用化はほとんどされていないため、個人は自分で活用する用途はない(大手企業やサービスが採用すれば別)ですが、ファクトムが普及すれば大きな利益を得られる可能性があります。

もはや仮想通貨というカテゴリーではなく、世界の電子データのセキュリティでスタンダートな存在になれるポテンシャルを持っていて、出資額を見ても開発チームは本気でファクトムハーモニープロジェクトの実現を狙っています。

大企業や国や自治体、金融機関に採用されて普及すれば、価格上昇幅は計り知れません。

 

ただし、まだ開発段階で実現しなければ価値のない通貨のためリスクもあります。
ベンチャー企業に投資するようなもので、余剰資産の範囲内で投資をしましょう。