ライトコインは暗号を簡略化することによって送金スピードが高められた仮想通貨です。

ライトコイン

 

仮想通貨のライトコイン

 

ライトコイン(LTC)は2011年10月に元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏が公開させた仮想通貨です。
オープンソースであるビットコインをベースにしつつ、ビットコインよりも速い送金時間にしたことで注目を集めました。
ただし承認時間の短縮によって安全性も懸念されています。

 

ビットコインとの共存を目指したコイン

 

ライトコインの承認時間が速いのは、暗号を簡略化させているからです。
ライトコインはビットコインが主力通貨で良いと考えていて、スピードを求められる少額送金のニーズを獲得しようとして開発されました。

 

アルトコインとしての歴史は古いのですが、その後にさらに送金時間を短縮した仮想通貨も登場していて、注目度の薄れた時もありました。
しかし、アメリカ最大の仮想通貨取引所コインベースと同企業が運営するGDAXで取り扱いがあり、投資する人が増えたことが追い風になります。
GDAXでは2017年12月21日までビットコイン・イーサリアム・ライトコインしか取り扱いがありませんでした。
その結果、コミュニティも発達して時価総額の高い仮想通貨に成長しました。

 

当初は300円~500円ほどの価格帯で長年推移してきましたが、2017年に他の仮想通貨とともに高騰し、12月には一時45万円を付ける場面もありました。
一時期は、ビットコインに不安要素があると避難先としてライトコインを買う傾向が強まりましたが、ビットコインキャッシュの登場によって避難先としての需要は
減少しました。

 

最近はビットコインと連動性の高いアルトコインとして注目されています。

 

 

ライトコインを保有するメリット・デメリット

 

ライトコインはシステム的にはセキュリティ面が弱いですが、コミュニティが発達して開発者も優秀な人材が揃っています。
公開直後に比べてスピードを維持しつつセキュリティも大幅に向上されました。
送金スピードが速い中でもセキュリティ面は信頼でき、普及していく可能性は高いです。

 

2018年1~2月の暴落でも13~15万円ほどの価格を維持していています。

 

ライトコイン公式のスクリーンショット画像

 

その反面、ビットコインとシステムが似ている点など、ビットコインキャッシュと共通点も多いです。
つまり、ライトコインとビットコインキャッシュは強いライバル関係にあり、どちらかに一極化する可能性を懸念されています。

既存システムの完成度が高いのはライトコイン、将来性が高いのはビットコインと同等以上のセキュリティとビットコインの8倍のブロックサイズを持つビットコインキャッシュです。

 

ただし、ライトコインは独自の改良を進めていて、一部ではビットコインよりもライトコインの方が有望とも言われています。

まとめるとライトコインもビットコインキャッシュもアルトコインらしく、ビットコインを超えるポテンシャルもある一方で普及せずに終わってしまうリスクもあります。