ネムは流出事件によってネガティブなイメージを持たれがちですが、仮想通貨としてのセキュリティには問題はありません。

ネム(XEM)

 

仮想通貨のネム

 

ネム(XEM)はPoPによる独自のブロックチェーンを使い、承認権をアルゴリズムで決定する仮想通貨です。

 

コインチェックによる流出問題で知名度を高めてしまい、セキュリティに不安を持っている人も多いでしょう。
現在は問題点の解決に向けた取り組みをしています。
システムの構造的にはオリジナリティあり魅力的なプラットフォームになっているので、セキュリティ性能をどれだけ高められるかが今後の課題です。

 

ネムの特徴

 

ネムの公式サイトスクリーンショット画像1

 

ネムはNew Economy Movement(新たな経済運動)という名称でスタートして、その後に名称をネム(NEM)に変更しました。
2015年にUtopianfutureという開発チームによって作られて、その開発チームの中に日本人がいたことから、発行当初より日本人の関心が高かったです。
発行通貨はXEM(ゼム)で発行枚数は約90億万枚。当初1,600人の投資家に配分されてスタートされました。

ビットコインやイーサリアムとは違い、追加発行は行っていません。

 

ネムの強み

 

ネムの強みはスーパーノード、ハーベスティング、モザイクとネームスペース、EigenTrust++などの特徴があります。
ここでは、用語の意味が分からない人向けにネムの強みを紹介します。

 

仮想通貨で時価総額の高いビットコインやイーサリアムはブロックチェーンで暗号化をして送金手続きを行っています。
ここまではネムも同じです。

 

ビットコインなど現在主流の仮想通貨は暗号を解くマイニング作業は環境があれば誰でもなることができて、1番早く暗号を解いた人が報酬を受け取れます。
複数のマイナーが同時に複雑な暗号を解くため、処理速度は遅くマイナーを保護する観点からも手数料は高めです。
また、マイニング作業は発掘とも呼ばれていて、報酬は新規発行通貨で受け取ります。

 

つまり、暗号化と暗号を解く作業を繰り返すほど発行通貨が増えていく仕組みです。

 

ネムは、暗号を解く人を人工知能(アルゴリズム)によって振り分けて厳しい条件を満たした人が1つの暗号を専任で解く仕組みです。
暗号は独自技術によって解くことを容易にしているので省電力での運営が可能。条件を満たせば個人でもハーベスティング(暗号を解く人)になれます。
ビットコインだと参加は簡単にできても、プロのマイニング業者の大規模なコンピュータールームに勝つのは困難で成功率の低い問題があります。

 

ネムのブロックチェーン

 

成功率の低さは、同じ暗号を解く作業をする人の多さを意味しています。
ネムはアルゴリズムでハーベスティングを振り分けているのでスピーディーで成功率も高まるため安い手数料でハーベスティングを募ることができます。
暗号を解いたり条件を満たすと報酬を支払われますが、送金手数料の中の一部から支払われるためコインの追加発行はありません。

 

セキュリティに関しては、モザイクとネームスペースを独自に設定できるため送金時に第三者へ情報の漏れるリスクがありません。
EigenTrust+という評価システムでユーザーを評価できるので悪質ユーザーを見極めることも簡単です。

 

なぜ流出したのか?

 

2018年1月26日にコインチェックのネムがハッカーの被害にあって580億円相当(当時のレート)のネムが流出する事件がありました。
ネガティブな内容ではありますが、ネムを保有している人の多さが話題になりテレビでは20代のサラリーマンがネムだけで1億円以上儲けていた話が紹介されたり、お笑い芸人の藤崎マーケット・トキが全財産の大半をネムに全力投資していたことで話題になりました。

 

コインチェックは多彩な仮想通貨を上場させていますが、ネムだけ狙われたのは2つの要因(問題点)があります。

 

  • オフライン下で管理できるコールドウォレットではなかった
  • マルチシグアドレス機能(セキュリティを向上させるもの)を使っていなかった

 

コインチェックが不正アクセスを許した点に大きな問題があり、ネム自体のセキュリティや性能に問題があったわけではありません。

 

ネムの値動き

 

ネムは上場した当初、0.01円~0.02円程度の価格帯で推移していて、時間とともに堅実な値上がりを見せ2016年4月には1円を超えます。
2017年1月時点では0.4円ほどまでに落ちていましたが、春からは仮想通貨全体が規制緩和や普及の見通しなどのニュースで値上がりをした影響で、ネムも5月には10円を超えて11月までは20円~30円ほどの水準で推移します。
多くの仮想通貨が最高値をつけた12月には約100円でしたが、ネムはプラットフォームの仕組みを評価されて、他の仮想通貨が値を下げ始めた2018年1月に入ってからも高騰を続けます。

 

最高値では200円を付ける場面もあって、当時はネムだけお祭り騒ぎだったため、提灯買いで飛びついた個人投資家も多かったです。
1月末の段階では12月の高値水準でもある100円前後で推移していましたが、不正流出が明らかになって値を下げはじめて2018年4月現在は20円ほどで推移しています。

 

大きな暴落ではありますが、20円で下げど待っているのはプラットフォームは素晴らしいのでセキュリティの問題点さえ解決できれば普及すると評価している投資家も多いことを意味します。

 

 

ネムを保有するメリット

 

ネムの公式サイトスクリーンショット画像2

 

ネムはビットコインと違ってハーベスティングに選ばれないと暗号を解くことはできません。
しかし、省電力の設備でも暗号を解ける仕組みで個人でもなることは可能です。
ビットコインの場合は大手企業が大規模なマイニング施設を建設するなど個人の立ち入る隙が少なくなってきています。

 

当初のハードルは高いですが、仮想通貨の発掘や暗号解読で報酬をもらいたいならネムはオススメです。
プラットフォームの仕組み的には優れているので、アップデートなどキッカケがあれば再び注目されて価格の高騰する可能性もあります。