クオンタム(QTUM)はビットコインとイーサリアムの良い所を併せ持つ仮想通貨です。

クオンタム(QTUM)

 

仮想通貨のクオンタム(QTUM)

 

クオンタム(QTUM)はシンガポールの財団がビジネス向けハイブリット型ブロックチェーンを使用した仮想通貨として開発し2017年3月に上場しました。
ビットコインとイーサリアムの良いところを取り入れていて、技術力やガバナンス体制を高く評価されています。
実用化はほとんどされていなく取引所も少ないですが、後発組ながら先に登場している主力通貨の問題点を解決するプラットフォームで今後の成長性が高いと期待されています。

 

 

特徴はUTXOモデルの利用

 

クオンタム(QTUM)のスクリーンショット画像

 

システム的なメリットや特徴は多数ありますが、その中でも特出すべき機能がUTXOモデルです。

 

簡単に言うと送金時に一つの小切手する扱いになっていて2重送金リスクを軽減し、データも軽くします。
送金にかかる承認時間は2分ほどで、一度小切手にまとめると金額や枚数の変更はできなくなります。

 

履歴を追うのも簡単で一部だけ盗まれるリスクもなく安全性の高い取引が可能になり、仕組みはシンプルですが、ビットコインでは処理時間が遅く、2重送金リスクがあったため画期的な機能として話題を集めました。

 

Account Abstraction Layerの採用

 

和訳するとアカウント抽象化レイヤーという意味で取引システムを断層に分けて管理する機能です。
ビットコインとイーサリアムの双方の良いところを取り入れていますが、2つのオープンソースを融合すると、お互いに邪魔する面も出てきます。

 

2つのシステムの融合を効率化するためのシステムで、スマートコントラクトを利用しつつUTXDモデルやビットコインのソースを邪魔することなく共存を可能にしています。
つまりビットコインとイーサリアムの真似をしているだけではなく、独自技術で複数の機能を最適化する技術を持っています。

 

これにより高い互換性を実現し、イーサリアムのプラットフォームとビットコインのゲートウェイ(ネットワーク)の双方と互換性を持たせることを可能にしました。
互換性が高いのでビットコインかイーサリアムのウォレットを導入しているところなら、導入も早くて低コストで済ませられるメリットもあります。

 

 

投資するなら中国・韓国情勢をチェック

 

クオンタムはシンガポールの通貨ですが、中国系の資本が多く入っています。

また、取引所も少なく主力は中国と韓国の取引所になっています。

普及が始まるのも中国、韓国を起点にする可能性が高く、投資家やコミュニティも両国を中心にしています。
それぞれの国の仮想通貨の規制による影響を受けやすいことが懸念されています。
特に中国は仮想通貨に大きな規制をかける懸念もされています。

 

これまでの価格推移

 

上場当初は日本円換算で500円ほどで、2017年12月上旬までは500円~1,500円付近で推移していました。
その後は仮想通貨全体のプチバブルと中国の大手取引所への上場ニュースもあり、高値で7,500円をつけています。
その後は反落して2017年2月現在2,500円前後で推移しています。

 

ビットコインとイーサリアムの互換性も高く、双方の動向による影響を受けやすく価格の連動性もあります。