ウェーブス(WAVES)はクラウドファンディングで成功した仮想通貨と言われています。

ウェーブス(WAVES)

 

仮想通貨ウェーブス(WAVES)

 

ウェーブス(WAVES)は、スカラ(Scala)というプログラム言語で開発された独自のブロックチェーンを持つ分散型金融取引プラットフォームを使用した仮想通貨です。
2018年4月現在の仮想通貨時価総額ランキングは40位の中堅アルトコインです。

 

法定通貨との交換に強い仮想コイン

 

ウェーブスの特徴は米ドルやユーロなど主要な法定通貨と分散取引所の中で交換できるサービスです。

 

たとえば日本円から米ドルに両替する場合は、日本円 → 金融機関 → 米ドル の流れになります。
金融機関は 円→ドル、ドル→円でレートを変えることで手数料として徴収しています。
ウェーブスを使えば金融機関を介さずに、日本円 → ウェーブス → 米ドル の流れで両替できます。

 

法定通貨を相手にした取引ではリップル(XRP)が有名ですが、リップルの場合は銀行を介してお金のやり取りの記録を行っています。
ウェーブスは全ての取引情報をプラットフォーム上で決定され、取引記録はブロックチェーンに記録されます。

 

ウェーブス(WAVES)の専用アプリ

 

専用アプリの用意もあり、銀行を介するよりも高速かつ低コストで法定通貨の両替や異なる国を相手にした送金手続きを可能にします。
承認システムはLPoSというアルゴリズムを使っていて、ノードをLease(リース)して取引の承認をできる仕組みです。
承認性のため取引スピードは早く、マイニングのように高性能コンピューターを常時稼働させる必要もありません。

 

なお、独自トークンを発行することも可能で、すでにウェーブスのブロックチェーン上に発行された独自トークンも複数あります。
「誰でも独自の暗号トークンを作ることができる」をコンセプトにして初心者でも簡単に独自トークンを作れてカスタマイズ性も高い上にセキュリティも確保されています。

 

ここでは分かりやすく説明するため日本円からの両替にたとえて紹介しましたが、ウェーブスは日本円(JPY)に対応していません。
2018年1月現在対応している通貨は以下のとおりです。

 

法定通貨:米ドル、ユーロ
仮想通貨:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ジーキャッシュ(ZEC)、ウェーブス(WAVES)

 

クラウドファンティングで成功した仮想通貨

 

ウェーブスは2016年に仮想通貨ネクスト(Nxt)から分裂してスタートしました。
Nxt開発者が方針転換を宣言し、開発方針の対立が生じたことが原因で分裂しました。

 

すでにSasha Ivanovという話題性のあるスタートさせていましたが、 分裂後のWavesに引き継がれて、コアチームを組み立てた後SashaはWavesのICOの開催を宣言しました。

 

2016年4月12日にウェーブスのプラットフォームを開発するクラウドファンティングをスタートさせ、初日から当時のレートで2億円以上の資金を集め、最終的には16億円相当以上の資金調達に成功します。
豊富な資金力でプラットフォームやSasha Ivanovをイチから徹底的に見直して開発し、わかりやすいユーザーインターフェースと簡単に使えるウォレットのプラットフォームを完成させました。

 

これまでの値動き

 

ウェーブス(WAVES)のスクリーンショット画像

 

2016年4月に公開され、当初はクラウドファンティングの影響もあり注目を集め日本円換算で100円~150円で推移します。
しかし、その後は停滞し20円台での推移が続きます。
2017年になって仮想通貨の規制緩和ニュースを受けて高騰を始めます。6月には一時697円、2018年1月には1,719円の高値をつけます。

 

その後は仮想通貨全体の市場悪化で反落しましたが、2018年4月現在400円前後で推移しています。
ウェーブスのブロックチェーンを使う仮想通貨も増え、利用者からの評判も高いことが人気を支えています。

 

ウェーブスを扱っている取引所と保有するメリット

 

ウェーブスは国内の取引所では扱っていません。
海外取引所の中ではバイナンス(binance)が日本語対応していて流通量も豊富なのでオススメです。
保有するメリットは、海外への送金の利便性が高く、オリジナルトークンの生成が簡単な点です。

 

海外や仮想通貨を通じた取引をする方はすぐに実践できます。ツールも豊富で使い勝手が良いと評判です。
ただし日本円には対応していないので欧米に比べると普及率と利便性は低いです。
システムは他の仮想通貨にはないオリジナリティもあり、将来性も高いので投機目的で保有する方も多いです。

 

拡張性も大きく、今後も初心者でも使いやすい機能の追加やアップデートをしていくことを期待できます。