仮想通貨は電子マネーと違って決済の他にも送金などもすることができます。

電子マネーとの違い

 

仮想通貨と似ているようで実は根本的にまったくの別物といえるものとして、電子マネーが挙げられます。
電子マネーといえば、SuicaPASMO、Tポイントカードやnanacoといったように様々なものがいまや我々の生活に馴染んでいます。

 

お札や硬貨のような実体がなく、このように種類も色々ある点など、仮想通貨と非常に似ているように思えますが、一つ一つ大事な点を見比べてみると、別物だということがわかります。
ここでは、仮想通貨と電子マネーの違いについて解説します。

 

管理者

まず大きな違いの一つとして、電子マネーはそれぞれの企業など運営主体が発行・管理しています。
対して仮想通貨には運営主体はなく、ネットワーク上の相互のコンピューターで維持されており、発行もあらかじめ組まれたプログラムによって行われています。

 

つまり、電子マネーは運営主体の裁量によって恣意的にその数字を操作、たとえばキャンペーンでプレゼントしたり、有効期限で消滅させたりができるのです。仮想通貨の場合はそういったことは一切ありえません。
また、電子マネーは運営主体が破綻などした場合、ほとんどの場合がそれに伴って消滅してしまいます。
これも仮想通貨には運営主体がないため、起こりえない事態だと言えます。

 

 

使い方

電子マネーの画像

電子マネーの場合、日本円をそれぞれの電子マネーに変換してデータ化し、それを使用可能な対象店舗などで使える、という仕組みになっています。
どこでも使える円をわざわざ使える場所が限られる電子マネーに変えさせるために、多くの場合ポイント付与などのメリットを用意しています。

 

このポイントも含め、電子マネーはまず「円」が基準となっていることがわかります。そして使えるのは運営主体と連携している対象でのみです。
また、電子マネーを他人に送ったりすることもできません。あくまで、決済手段としてのみ使われるのが電子マネーです。

 

それに対して仮想通貨の場合は、電子マネーと同じような決済手段として使う以外にも、他人に送金するなどして渡すこともできます。
決済として使える場面も、現在の日本ではまだまだ少ないですが、1企業や1運営主体に限られないので、今後の広がり次第では爆発的に増えていくでしょう。

 

 

資産として保存できるかどうか

電子マネーにあるポイントシステムには多くの場合有効期限があります。
これは期限内にポイントを使わせたい、そうすることによる自身のメリットを得るという運営主体の意図があります。つまり一定期間奉仕していると消滅してしまうため、価値を保存しておくことができません。

 

仮想通貨にはそもそもポイントなどといった概念がありませんが、当然ながら有効期限もありません。
そのため、決済などに使わずにおくことによって、資産として貯蔵しておくことができるのです。

 

一見似ているように見える電子マネーと仮想通貨ですが、このように大きな違いがあるということを理解しておきましょう。