日本国内には金融庁の許可を得ている仮想通貨取引所が16社あります。

取引所はたくさんあります

仮想通貨を始めるにあたってまず最初にやらなければならないことが、「取引所への登録」です。
取引所とは皆さんの仮想通貨の取引を仲介する場所です。

 

「この仮想通貨を売りたい!」という注文と「その仮想通貨を買いたい!」という注文をマッチングし、個人間の売買をスムーズに行えるように仲介しています。
取引所と似ているものとして、仮想通貨の販売所がありますが、これはその販売所が保有している仮想通貨を販売している場所のことを指します。

 

取引所と販売所を兼ねたサイトなども存在しますが、ここでは仮想通貨をこれから始める人向けに、「取引所」を中心に説明していきます。

 

現在、日本国内には金融庁の許可を得た仮想通貨取引所が16社存在します。(2017年26日現在)
また、その他にも金融庁の審査待ちの業者も多く控えている状態で、今後さらに増えていくことが予想されます。

 

これらの取引所はすべてビットコイン(BTC)を取り扱っていますが、取引所によってはBTC以外のアルトコインも取り扱いをしています。

BTC以外の仮想通貨を購入したい場合は、それを取り扱っている取引所に登録しなければなりません。

せっかく取引所に登録をしたのに目的の仮想通貨が売ってなかった・・なんてことがないように、事前に取り扱っている通貨は調べておきましょう。

 

仮想通貨を購入できる取引所

 

ここでは現在登録をおすすめできるメジャーな取引所を一覧にまとめています。
取り扱い通貨を見比べて、複数組み合わせて登録しておくようにしましょう。

 

ビットトレード

GMOコイン

みんなのビットコイン

QUOINE

bitbank

BITPOINT

コインチェック

ビットフライヤー

Zaif

複数の取引所に登録しておくべき

取引所への登録はいずれの業者も無料です。

 

本人確認などの手間は多少かかるものの、個人的には最低でも3社、余裕があれば5社程度は登録しておくべきだと考えています。

 

それにはちゃんとした理由があります。

 

複数登録するべき理由①

取引所によって同じ仮想通貨でも売っている価格が違う場合があります。
当然ながら少しでも安い取引所で買うのがお得です。
価格を見比べて適正な金額で取引をするためにも、複数の取引所に登録しておく意味はあります。

 

また、販売価格の差を利用してノーリスクで利益をあげる取引法もあります。

価格の安い取引所で仮想通貨を仕入れ、売却額の高い取引所でそれをすぐに売ることによって利益を得る方法で、これをアービトラージ取引と言います。

 

アービトラージ取引とは?

 

複数登録するべき理由②

仮想通貨は皆さんの大事な資産です。
各取引所はサイバー攻撃などによる盗難に対して対策を取っているものの、そういったトラブルが「絶対にない!」とも言い切れないのが現状です。
仮に仮想通貨をすべて一つの取引所のウォレットに入れていて、そこで盗難等の被害に遭ってしまった場合、多大な被害を受けることとなります。

このようなリスクを分散させる意味でも、複数の取引所やウォレットを解説しておき、資産を分散させておくべきです。

 

複数登録するべき理由③

取引所によって取り扱っている仮想通貨は異なります。
例えば1社にしか登録をしていない時に、その取引所では取り扱っていない通貨が暴騰し始め欲しくなったとします。

 

しかしそこから登録をしようとしてもきっと同じように考えている人が多く、取引所はパンク状態になりすぐには登録できないでしょう。
登録できた数日後には時すでに遅し、、多大な機会損失をしてしまった、なんてこともありえます。

 

色々な通貨の動向に柔軟に対応できるようにするためにも、複数登録が基本となっています。

 

使いやすさも大事

私が実際に複数の取引所に登録してみて感じたことは、取引所によって使い勝手がかなり違う、ということでした。
当然ながら初心者の方にとってはわかりやすくて使いやすい取引所がよいでしょう。

 

個人的にはコインチェックがもっとも使いやすく、初心者の方におすすめできる取引所なのではないかと思っています。

 

コインチェック