取引所「バイナンス」は仮想通貨の取引量は世界トップクラスです。

binance

 

仮想通貨取引所binance

 

バイナンス(binance)は中国の仮想通貨取引所です。
海外取引所の中でもいち早く日本語対応を行い国内でも人気の高い取引所です。

 

設立は2017年7月ですが、仮想通貨の取引量は世界トップクラスで豊富な取り扱い銘柄と安い手数料、システムの安定性を強みにしています。

 

バイナンスの運営会社は?

 

中国の取引所として運営していますが、会社は香港で設立され、その後税金のかからない金融街のグランドケイマン島に移転しています。
税制面の優遇される場所を拠点にしているのも安い手数料で提供できる理由のひとつです。

 

CEOはChanpeng Zhao氏で中国の別の取引所の技術責任者を務めていたキャリアを持っている人物です。
もともと高いノウハウを持っていて、リリース直後からシステムが軽くて取り扱い銘柄が豊富、手数料も安いなど欠点のないスペックで世界中から利用者を増やしています。
2018年1月には利用者数は500万人を突破して日本の大手取引所とは比較できないハイペースで成長しています。

 

取り扱い仮想通貨は100銘柄以上

 

仮想通貨取引所binanceの公式画像

 

バイナンス1番の特徴は取り扱い銘柄の多さです。
ビットコイン、イーサリアム、リップルなど国内の取引所でメジャーの通貨はもちろん、草コインと呼ばれる超低位銘柄も多数扱っています。

バイナンスを活用する投資家の多くは日本の取引所では扱っていない銘柄の売買を目的にしています。

 

これまでに上場させた銘柄は大化けした事例も多く、2017年には数百倍以上に高騰した仮想通貨も多数ありました。
将来性の高い銘柄を扱うセンスの良さも人気の秘訣です。
公式サイトTOPページより取引可能ペアの一覧と現在の価格を表示しています。

 

手数料が安くて信頼性も抜群

 

仮想通貨取引所binanceの特徴

 

投資したい銘柄が国内の取引所で扱っている場合でもバイナンスはオススメです。
バイナンスは全般的に手数料が安く、アクティブに取引したい人に選ばれています。

 

手数料は驚異の全銘柄0.1%です。

 

ビットコインで見ても業界最安水準ですが、アルトコインも同等の手数料で取引できるのがポイントです。
国内の取引所はアルトコインになると手数料が一気に割高になることもありますが、草コインやマイナーコインでも安く売買できて手数料を気にせずに投資できます。

 

バイナンスの安全性やパフォーマンス

 

取り扱い銘柄は豊富で手数料も安いと聞いても「結局は中国の取引所でしょ?」とネガティブに捉える人もいます。

 

しかし、世界各地で人気を集めているのには理由があり、セキュリティは3段階認証を取り入れるなど国内大手証券会社と比べても同等以上の安全性を持っています。
システムの安定性も抜群で約定率も高いです。

 

中国=低品質という固定概念でバイナンスは使わないと決め付けるのは投資家として賢い選択とは言えません。

 

 

デメリット・注意点

 

海外の取引所になるので日本円による入金はできません。

 

まずは日本円対応の取引所でビットコインなどバイナンスで入金対応している仮想通貨に両替をして送金する流れになります。
また、日本語対応はしていますが不完全な部分もあります。

 

日本での利用者も多く口座開設や取引に関する使い方を解説する情報は充実していますが、運営によるサポート(問い合わせなど)も日本語には非対応です。

スマホアプリのリリースもありますが、日本語には対応していません。

ただスマホアプリを含めて基本言語は英語なので主要機能やペアの選択などは容易にできますし解説サイトもあるので、大きな問題にはなりません。

 

日本でも人気が高く国内進出の噂も出ています。
すでに日本法人の設立と営業所の設置まで行っていますが、具体的な計画はないようです。
日本進出した場合でも、国内の厳しい基準によって取り扱い銘柄は制限される可能性があります。

 

日本版の進捗を待つのではなく、現在の中国にある取引所を活用する価値は高いでしょう。

 

口座開設する方法

 

公式サイトは日本対応しているので、難しいことはありません。

 

まずは公式サイト右上の言語を日本語に変更し、登録画面をクリックします。
メールアドレス、パスワード等を入力して送信し、申込確認のURLをクリックして申込を確認します。

 

本人確認もありますが、提出しなくても利用はできます。
本人確認なしだと1日の出金は2BTCまでに制限されて、本人確認を含めて全ての登録作業を完了させると制限は解除されます。
あとは、日本円を対応している仮想通貨に両替して入金すれば取引可能になります。

 

英語を一切読めない人でも登録はできますが、日本の取引所に比べると面倒に感じたり外部サイトから調べないといけないことも出てきます。

 

それでも仮想通貨で利益を出すのに有利なサービスを提供している取引所なので、多少の手間は割り切って口座開設にチャレンジする価値はあります。