仮想通貨取引所「ビットバンク」の特徴と口座開設手順について解説していきます。

bitbank

 

bitbank(ビットバンク)のスクリーンショット画像

 

ビットバンク(bitbank)は2014年5月に運営開始をした老舗の国内大手仮想通貨取引所です。
老舗大手なので金融庁認可業者にも登録されています。

 

通常の取引所であるビットバンクとビットコインFX専門のビットバンクトレード(bitbankTrade)の個人向け取引所を2つ運営しています。
ほかにも、国内最大級のビットコインニュースメディアでもあるBTCNと証券会社・FXブローカー向けB2B仮想通貨取引所のビットバンクforブローカー(bitbank for Broker)を運営しています。

 

取り扱い通貨と人気のサービス

 

ビットバンクの扱っている仮想通貨は以下のとおりです。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナーコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)

 

FXを扱うビットバンクトレードではビットコインの取引のみです。
ビットバンクでは、リップルを扱っている日本の取引所の中では規模と流通量の多いことから人気通貨になっています。

 

一部通貨では、対ビットコインしか扱っていない銘柄もあります。
通貨ペアは以下のとおりです。

 

  • BTC/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTH
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCC/JPY
  • BCC/BTC

 

ビットバンク(通常の仮想通貨取引所)の魅力

 

ビットバンクは高いセキュリティと流動性を持っていながらシステムが軽くてサクサク動くと評判です。

 

ビットバンクのセキュリティ

 

さらに高機能チャートでは60種類以上の分析ツールを用意してスマホアプリも完全対応しています。
チャート重視のテクニカル派や時間軸の短いトレードをする人から人気です。
システムの安定性が高いのでスプレッドも狭く、思惑通りのポジションを取りやすいと評判です。

 

 

ビットコインのセキュリティはオフラインのコールドウォレットを使用し世界最高水準の技術運用でお客様の資産を守っています。


 

 

ビットバンクトレード(FX)の魅力

 

ビットバンクトレードではレバレッジ20倍に対応していて、国内のビットコインFXでは唯一、追証を取っていません。

 

キャピタルゲインフィー(OGF)制度を導入することで追証なしを実現しています。

 

多くのビットコインFXで追証を取っているのは、損失の広がった際の強制ロスカット時に相場変動リスクによって強制決済の注文時の価格より低い位置で決済されて損失を出すリスクをなくすための取り組みです。
そのため、ポジションに対して損失割合が一定以上出た時点で追証を発生させてリスクの少ない水準の証拠金割合を維持して、追証の入金がなければ早いタイミングで強制決済されてしまいます。

 

ビットバンクのトレーディングプラットフォーム画像

 

ビットバンクトレードでは、追証なしで20%以下になった時のみ強制ロスカットを行い、入金済の証拠金以上の損失が発生しないことを保証しています。
追証なしのシステムを実現させたOGF制度は利益の出た場合に0.2%のOGF手数料を徴収し、その手数料を決済損失積立金として使い、相場変動時のロスカットによって生じる損失リスクを補填しています。

 

0.2%の手数料であれば安定して利益を出している人でも許容範囲に感じられる水準で、低水準のOGF制度を導入できる理由はシステムの安定性があるからできることです

 

20倍のレバレッジをかけると、すぐに追証を受けてしまうケースも多く、少額資金で大きな利益を目指したい人や全力投資中心の短期投資をしている人から好評です。

 

5万円や10万円といった投資金で、投資金を短期間に溶かすリスクを背負ってでも、資産を短期間で数倍に伸ばしたい人やデイトレード、ミニッツトレードに挑戦したい人にオススメです。
投資金を全て溶かすリスクが高いと聞けば半丁博打のように感じるかもしれないですが、ビットコインFXは現物通貨(通常のFX)に比べて値動きが激しいので、資産を2倍ではなく10倍・20倍に増やせるケースも高いです。

 

値動きが激しいからこそ、追証なしでポジションを維持して短期的な急落に耐えられる環境を作れるメリットは大きく、追証をすぐに入金できない環境でも勝率を高められます。

 

 

口座開設手順

 

ビットバンクの口座開設手順

 

メール送信
返信メールのURLより登録情報入力、本人確認書類アップロード
本人確認書類等の承認連絡

(申込者が増加していてタイミングによっては4営業日前後待たされることもあります)

住所確認のハガキ(簡易書留)を待つ
ハガキに記載された暗証番号を入力して口座開設可能

 

国内の取引所なので、日本語対応で口座開設の難易度は低いです。
ただしセキュリティ管理を徹底した運営をしていて、人気上昇中のため口座開設まで時間のかかる傾向があります。
最短1日で取引開始を求めている人の要望には答えられませんが、ツールやFXのOGF制度などメリットも多く仮想通貨投資するなら持っておく価値は大きいです。

 

ビットバンクトレード(FX)を行う場合は、通常のビットバンクの口座を開設して連携させる仕組みです。

証拠金はビットコインになるので、まずは入金してビットコインを購入し資産をビットバンクトレードに移すことで取引可能になります。