ビットフライヤー取り扱っている仮想通貨や、利用するメリットをご紹介します。

ビットフライヤー

 

ビットフライヤーのスクリーンショット画像

 

ビットフライヤーは現在日本国内にある仮想通貨取引所の中でも特にメディアへの露出が多く、テレビCMも早い段階から打つなど、業界を牽引する存在です。

 

一時はコインチェックに取引量でトップの座を譲り渡したものの、累計のユーザー数はや知名度は国内トップクラスです。
当然ながら金融庁から仮想通貨交換業の許可も最速で取得しております。

 

資本金は他のどの取引所よりも多く、三菱、三井住友、みずほなどメガバンクの関連会社を含む多くの大手企業が株主となっており、仮想通貨取引所の中では圧倒的な安心感と実績を誇ります。

 

ビットフライヤーの株主一覧の画像

 

取引できる銘柄

 

ビットフライヤーで取り扱っている銘柄は以下の通りです。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

 

直近で言うとリスクの取り扱いを開始したのが2018年1月31日です。
国内最大手のビットフライヤーが取り扱いを開始するということで一時的ではありますが、リスクはかなりの高騰を見せました。
それほどビットフライヤーという取引所が与える影響は大きいということですね。
ビットフライヤーではビットコインのみ取引所と販売所の形態を取っており、その他のアルトコインはすべて販売所形式となっています。

 

そして、ビットフライヤーは今後も含めて取り扱う銘柄の方針として、

 

  • 金融庁が認可した仮想通貨であること
  • ブロックチェーンを採用した仮想通貨であること
  • 匿名仮想通貨ではないこと

 

などを掲げています。
これらはすべて投資家の保護や仮想通貨の流動性を高めることを意識した方針です。

 

また、匿名通貨についてはマナーロンダリングに利用されるリスクを考慮した判断となっています。

 

ビットフライヤーを選ぶメリット

 

ビットフライヤーを通じたBTC決済

仮想通貨はいま現在ではまだ投機対象としてのみ見ている人も多く、実際に決済手段として利用している人はまだまだ少ないのが現状です。ビットコインなどの仮想通貨は最終的に法定通貨に変わって様々な場面で決済に使われることが見込まれていますが、今はまだその先駆けの段階です。

 

ビットフライヤーでは、仮想通貨の流動性を高め、その本来あるべき姿に少しでも近づけさせるために、積極的に様々なジャンルの店舗などとの提携を進め、ビットコインによる決済可能な場所を増やしていってます。

 

有名なところではビックカメラでビットコイン決済が可能となっていますが、これもビットフライヤーが実装に向けて奔走しています。
今後もこの動きは続いていきますので、決済可能な場面が増えていくことが期待できます。

 

初心者でも使いやすい

これから仮想通貨取引を始める人にとっては利用する取引所が提供するPCサイトやスマホアプリの見やすさ、使いやすさはかなり重要な選定材料になります。
登録してみたもののサイトは見づらく、使い方がまったくわからないなんてことになれば、その取引所に登録した時間は無駄になってしまいます。

 

その点、ビットフライヤーは使いやすい取引所に分類されるのではないかと思います。

 

 


筆者が実際に口座を開設して少し使ってみたところ、正直な感想として使いやすさ・見やすさの面だけで言えばコインチェックには及びませんでしたが、それでもその他にもある取引所も含めて相対的に見たときに、十分初心者でも使える親切な作りになっていると感じました。


 

コインチェックがNEM流出事件を機に新規登録を停止している現在の状況を考えれば、セキュリティー、使いやすさなどあらゆる面から初心者の方にも最適な取引所だと言えるかと思います。

 

資産の補償制度あり

コインチェックにおけるNEMの不正出金によって顧客の資産を失ってしまう、という事件は記憶に新しいところです。
(その後コインチェックは自社の資産によって補填をすることを発表しています)

 

現在はこのような不測の事態に対しての対応は各取引所に任せられており、対応した法律などはまだ整備されていません。
極端な話、コインチェックに補填するだけの余力がなければ多くの顧客が資産を一瞬で失うという最悪の事態に見舞われていたのです。

 

ビットフライヤーではセキュリティー対策ももちろんですが、万が一の事態に際しても投資家の方々が安心していただけるように、他社に先駆けて補償制度を導入しています。
現状は日本円の不正出金のみが補償対象となっていますが、このような運営の姿勢は大きく評価できるポイントだと思います。
今後の補償制度の拡大にも期待しています。

 

 

ビットフライヤーの弱み

 

ここまでビットフライヤーの優れた点ばかりをご紹介してきましたが、そんなビットフライヤーにも弱点はありました。
あらかじめわかっておいていただきたいのは、どの取引所にも長所短所はある、ということです。

 

もしも良いところしかないような紹介の仕方をしているサイトなどがあったら、そこに書かれている情報の信憑性は低いと思っておいた方が良いでしょう。
ビットフライヤーが取り扱っている銘柄は前述したとおりですが、その中で取引所形式で売買ができるのはビットコインのみとなっています。
そして詳しい理由などはここでは割愛しますが、仮想通貨は販売所よりも取引所で購入した方が安く済みます。

つまり、ビットコイン以外のアルトコインを購入する時に多少割高になる傾向がある、ということになります。

 

総評

 

ビットフライヤーは株主も大手企業が並び、資本金も大きく、企業理念として臨むセキュリティー対策などからくる安心感も他社に比べて一歩抜きに出た存在と言えます。
サイトの見やすさや使い安さも文句を付けるところはなく、初心者でもスムーズに慣れることができるでしょう。

 

唯一のデメリットも、ビットコインを中心に買う人にとっては問題ないですし、初心者にとっては、板を使った取引形式は少し難解な部分もあるため、逆に少し割高でも販売所形式の方が入っていきやすい面もあると言えます。

仮想通貨を始めるのであれば、まずはビットフライヤーのように安心して使いやすい取引所を選ぶことがなによりも大事だと思います。

 

ビットフライヤーに登録する