Bitgate(ビットゲート)はビットコイン専門の仮想通貨取引所です。

Bitgate

 

Bitgate(ビットゲート)のスクリーンショット画像

 

Bitgate(ビットゲート)は神奈川県に本社を置くエフティ・ティ株式会社の運営するビットコイン専門の販売所です。
金融庁の仮想通貨交換業者は2017年12月1日に登録されました。
使いやすさと販売の中での安い手数料を強みにしていて、取り扱いサービスは少ないのでビットコインを長期投資したい方向けのサービスです。

 

 

ビットコイン販売所とは

 

Bitgateは仮想通貨の販売所です

 

通常の取引所は保有者同士がコインを買ったり売ったりします。
買いたい人と売りたい人の注目が一致して初めて取引が成立します。

 

たとえば取引所で100万円で1枚買おうとしても、100万円での売りが0.1枚でその上の売り注文が105万円だった場合、取得できないか予定よりも大幅に高い取得金額になってしまいます。
ビットゲートは販売所なので、運営会社が直接利用者にビットコインを売ったり買取したりします。

 

通常の取引所のレートに比べて販売所は条件が悪くなる傾向がありますが、表示された金額で確実にビットコインを取得できるメリットがあります。

 

ビットゲートは後発組なので、安い価格設定で販売所のデメリットを補っています。

 

 

エフティ・ティ株式会社とは

 

運営会社は投資助言や代理を行う横浜に拠点を置く資本金1,000万円の小さい会社で、主に投資顧問業務を行ってきました。
国内の仮想通貨取引業者の認可を国内で11社目(同時期の認定は4社)に取得したことで知名度を広げましたが、会社自体は小さく利用するメリットは低いです。

 

いち早く認定を受けたことで集客を期待している会社で、設立は2010年ではありますが仮想通貨取引所・販売所や証券会社としてはベンチャー企業に近いです。
販売レートも波が大きく、大手に比べて特別に大幅安いというわけではなさそうです。
今後、利用者が増えれば成長していく可能性はありますが、現時点では様子見で良いでしょう。

 

ビットコインの場合は大きな取引所なら市場も盛り上がっていて指値で簡単にポジションを作れるため、ビットコインに限定した販売所としての需要そのものが低いです。
GMOコインなど人気の販売所系はレバレッジ取引を強みにしています。

 

 

ビットゲートの強み

 

Bitgateの取引画面

とにかく無駄を省いたシンプルな取引画面です。
ネットが苦手な方や、お試し感覚でビットコイン投資をやってみたい方にオススメです。
小規模業者の運営ということもあって、大手に勝てる強みはほとんどありません。

サーバーダウンやセキュリティ面のリスクもあります。

 

 

口座開設の手順

 

WEB申込フォームから情報入力に進みます。必要項目は多めで多少の手間はかかります。
最後に本人確認書類をWeb申込フォームからアップロードすれば申込完了です。
後日郵送でIDとPASSの記載された書類が届くので、受け取ってログインすれば完了。
あとは銀行振込で口座にお金を入れれば取引可能です。

 

郵送書類が届くまでは3営業日前後かかります。
入金から反映までも大手に比べるとタイムラグがあるので注意しましょう。