ビットポイントは信託保全を行っている希少な仮想通貨取引所です。

BITPOINT

 

BITPOINT(ビットポイント)のスクリーンショット画像

 

ビットポイント(BITPOINT)は2016年3月に設立された国内の仮想通貨取引所です。
運営会社はビットポイントジャパンですが、運営母体(親会社)は東証2部上場会社でエネルギー、自動車、旅行関連の事業を行っているリミックスポイントです。
ビットポイントジャパンの資本金は44億3,000万円(資本準備金含む)あり資金力豊富で信頼性は高いです。

 

金融庁の登録を開始した初期の2017年8月27日に登録された正規業者で日本のほかに、香港、韓国、台湾、サモアでも仮想通貨取引所の関連会社を持っています。

 

3種類のサービスを提供

 

ビットポイントでは、現物取引、レバレッジ取引、FXの3種類のサービスを用意しています。

 

レバレッジ取引とFXはビットコインのみです。
当初は現物の取り扱い銘柄の少ないことがネックでしたが、2018年に入ってからも2銘柄(ライトコイン、リップル)を追加してラインナップも充実してきました。
今後も取り扱い銘柄の増加を期待できます。2018年4月1日現在の取り扱い銘柄(取引ペア)は以下のとおりです。

 

BTC/JPY(ビットコイン/円)
BTC/USD(ビットコイン/米ドル)
BTC/EUR(ビットコイン/ユーロ)
BTC/HKD(ビットコイン/香港ドル)
BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)
LTC/JPY(ライトコイン/円)
XRP/JPY(リップル/円)

 

ビットポイントで人気の高いのは古くから取り扱いをしているビットコインイーサリマムです。
外貨ペアの取り扱いも豊富で海外取引所を運営しているため流動性も高いです。

 

MT4に対応

 

MT4(メタトレーダー4)でいつでもどこでもスマートフォンから投資可能

 

FX取引で圧倒的な人気を持っているMT4(メタトレーダー4)に対応しています。
専業FXトレーダー(外貨)では必須とも言われている人気ツールで、チャートが見やすく自動売買(EA)にも対応しています。

 

スマホアプリ版も用意されていて、ツール目的でビットポイントを利用する方も多いです。(スマホアプリではEAを利用できません)
2016年7月からのデータしかないことを問題視する人も多いですが、ビットコインが大きく動いたのは2017年からのことなので、流動性の低い時代の古いデータはなくても大きな問題にはならないでしょう。
自動売買や売買サインを出したりバックテストをするにはデータが少なく、ビットコインは外貨取引に比べて値動きが荒いので完全EA任せで利益を出すのは外貨FXよりも難しいです。

 

パソコンからだけではなくスマホからも簡単にビットコインの取引が可能!

 

それでもツールの使い勝手は抜群でチャート分析の見やすさはビットコイン系チャートの中でもトップクラスです。
今後は時間とともにデータも充実していくので、自動売買の需要も高まっていくでしょう。
外貨FXでMT4を使っていたベテラントレーダーはもちろん、仮想通貨でFXデビューをする人もMT4の使い方を習得する価値は高いです。
MT4を勉強すれば必然的にテクニカル分析の基本も覚えられます。

 

信託保全を行っている

 

ビットポイントでは顧客から預かった資産の一部を日証金信託銀行へ信託しています。

 

信託保全を行っているので、万一ビットポイントが破綻してしまっても口座資産の返還を日証金信託銀行から代理人を通じて返還される仕組みです。(総合口座、証拠金取引口座ともに対応)
ビットポイントは運営母体が上場企業で資本金も豊富な信頼性のある金融庁登録業者です。

 

しかし、仮想通貨業界はコインチェックの資産流出問題(結果的に流出資産の返金およびマネックスへの買収で決着)など、何が起こるか分からない業界です。
信託保全で資産管理を行っている点は高く評価できます。
当たり前のことのように感じますが、国内の仮想通貨取引所では信託保全を行っているところは少ないです。

 

口座開設手順

 

ビットポイントでは公式ホームページ上で、総合口座のWeb申込フォームを用意しています。
仮想通貨取引所の口座はメール送信から始めて返信メールから申込フォームにアクセスすることが多いですが、メール送信不要で規約や入力の必要項目をチェックできるので安心です。

 

BITPOINTの新規口座開設処理フロー図

 

申込フォームの中で証拠金取引口座開設とFX口座開設をするか選択できるチェック項目を用意されていて、3種類の口座の同時開設が可能です。
現物しかしたくないし、証拠金取引をできる環境を作りたくないという人は総合口座のみ開設することもできます。

 

申込フォームの入力を終えると、そのまま本人確認書類のアップロードに進みます。
送信後に申込確認メールが届き、審査を経てメールで開設完了の通知が届きます。
さらに簡易書留にて重要事項の説明と口座開設完了の案内書類を受け取って全ての口座開設手続きが終了。
入金すればすぐに取引完了です。

 

審査時間は1~3営業日。取引手数料、入出金手数料無料なのも嬉しいサービスです。
(入出金手数料無料はジャパンネット銀行もしくはイオン銀行による即時入出金サービスのみキャンペーンによって無料。通常入出金は手数料が発生します)