BTCボックスはセキュリティ面が不安な方が安心して利用できる取引所です。

BTCBOX

 

BTCBOXのスクリーンショット画像

 

BTCBOXは日本で1番歴史の長い取引所です。
仮想通貨取引業者の届出もしている正規業者ですが、登録完了したのは平成29年9月29日で他社と比べても1~2ヶ月の違いしかありません。

 

運営しているのはBTCボックス株式会社。
設立は平成28年3月6日ですが、平成26年から仮想通貨の取引サービスを提供しています。
日本の取引所ですが、経営者はDavidZhang氏です。

 

独自の仮想通貨融資のサービスを行っていてレバレッジ取引にも対応していますが、マイナーな取引所で流通量は少ないので大きな資金の投資には適していません。
セキュリティ面には強いので、流出リスクを懸念される方には安心で、資産分散の一貫として活用している投資家が多いです。

 

 

BTCBOXの特徴

 

BTCBOXの特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

 

  • 日本の正規取引所
  • 運営母体は海外
  • 取引量は少なくマイナーな取引所の存在
  • 取り扱い通貨は4種でレバレッジに対応
  • セキュリティは強く分散投資の需要がある
  • 仮想通貨融資を行っている
  • LINEによるサポートを用意
  • 手数料は平均的水準
  • スマホアプリの用意もある

 

メイン口座として利用するにはメリットは少ないですが、歴史が古くセキュリティに力を入れている点は評価できます。

 

 

取り扱いコイン一覧

 

  • ビットコイン
  • ビットキャッシュコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン

 

人気の主要コイン4種を揃えています。今後も取り扱いコインは増えていく可能性があります。
ビットコインでも取引量は少ないので大口取引には向いていません。
全般的に思い通りの価格で決済しにくい点がネックです。

 

 

2年以上サーバーダウンゼロ

 

BTCBOXのシステムの安定性

 

BTCBOXの強みはセキュリティとシステムの安定性です。
セキュリティは大手取引所と同等以上だと評価できます。
システムの安定性は2年以上サーバーダウンゼロを売りにしていますが、取引量が少ないことも影響しています。

 

セキュリティ認証強化とSSLサーバー証明

 

今後、仮想通貨市場全体が活性化して参加者が増えた時にサーバーダウンゼロを維持できるかは疑問を感じます。
ただしシステム開発力の高い会社なので、トラブルを頻発することはないでしょう。

安全、確実な資産管理としての活用価値はありそうです。

 

まとめ

 

BTCBOXは歴史があり、信頼性の高い取引所ですが、大手の参入が目立つ中、安全性と安定性以外に利用するメリットは少ないです。
メイン口座としての適性はなく、ある程度資産やポジションが多い方の分散投資のための取引所として需要を持っています。
取引量も少ないので、成り行き注文をする際は注意しましょう。