新規に仮想通貨を発行して資金を集めるICOの魅力や注意点をまとめました。

ICOの魅力と注意点

 

ICOとは何なのか

 

ICOとは新規の事業やプロジェクトの立ち上げに際して、仮想通貨を発行・販売して資金を調達する方法のことを指します。
Initial Coin Offeringの略で、資金調達をする側としては従来では考えられないほどのスピードで大きな資金を集めら、投資をする側にはその通貨の価値が伸びた時に得るリターンが大きいといったメリットがあります。

 

しかしながら、仮想通貨全般に言えることでもありますがICOに関しても現状では法整備が追いついておらず、中には明らかに価値のないものに対して資金を募る詐欺まがいの事も横行しています。

 

ICOは仮想通貨で大きな利益を目指す人にとっては非常に魅力がある反面、そのようなリスクがあることも理解した上ですべて自己責任で行う必要があるのです。

 

ここでは、ICOの魅力や注意点をさらに掘り下げて解説すると共に、最新のおすすめICO案件などもご紹介していきます。

 

ICOの魅力

仮想通貨がここまで認知される前の世の中では、新しい事業やプロジェクトへの投資というのは企業にとっても投資家(一般人)にとって非常に敷居の高いものでした。
まず企業としては今までならばIPO(Initial Public Offering)新規株式公開によって株式を発行して式調達を行うのが一般的でした。

しかし、株式公開をするには決算の開示や事業計画書などによって会社の信用を証明する必要があり、さらに株式公開をした後も証券会社などを挟んで売り込んでもらう必要がありました。
そして株式を持つ者には株主総会での議決権が与えられるので、一部の企業や人に株式が集中して会社を乗っ取られてしまうようなリスクもありました。

いずれにしても株式公開はどんな企業でもできることではなく、ある程度は自己資金で会社を軌道に乗せる必要があったのです。
次に投資をする側にとってですが、今までは個人レベルでの投資をするにしても相当な資金が必要でしたし、手間もかかりました。普通の生活をしている一般人にとっては無縁の話であり、敷居が高いものでした。

 

しかしこれら双方の問題が、仮想通貨によるICOならすべて解消できるのです。

 

企業にとっては株式の発行をするわけではないので会社を乗っ取られるリスクもなくなりますし、事業計画書や決算報告など実績も必要ありません。
ホワイトペーパーで事業やプロジェクトの魅力をアピールするだけでOKであり、それを見た投資家側が納得してくれれすればどんどん資金は集まります。そして投資に対しての配当や利子を支払う必要もありません。

 

また投資する側にとっての最大の魅力は、小額からの投資が可能になった点です。証券会社などを通す必要もなく、ネット上で一瞬で完結する手軽さもあり、いままでは縁の遠かった一般層でも気軽に投資ができます。
投資先の企業のプロジェクトが成功すれば、そこが発行しているトークンの価値は必然的にあがり、投資している側に利益が返ってくるという仕組みです。

 

過去の成功事例で言えばBraveが30秒で3500万ドルもの資金を集めた、ADAが発行当初1円にも満たなかった価格が150円近くまで約1000倍の暴騰、などといった羽振りのよい話もあります。

 

おすすめのICO案件

ここで、筆者が個人的に注目している案件やSNSなど情報交換が行われている場で話題となっている最新のICO案件をご紹介しておきます。
※投資を実際にするかどうかは後述しているICOの問題点や注意点、リスクなどをよく読んで理解し、自己責任で判断してください。

ICOの問題点や注意点

ICO最大の問題点は、やはり法整備が追いついていないために詐欺まがいの行為が散見される点でしょう。ICOは投資家と企業(事業者)の直接的なやりとりであって間に取引所などは介入しません。
企業に対しての第三者機関による審査などもないため、投資家自身の目でその信頼性を測るしかないのです。

 

ICOの問題点をチェックする虫眼鏡

 

もしもそこを見誤り、詐欺ICOに引っかかってしまうと当然ながら資金を無駄に失うことになります。
仕掛ける側は投資家にとって魅力的に見えるようなホワイトペーパーを偽装し、喧伝してくるのでなんでも鵜呑みにしていたら痛い目をみてしまいます。リターンが大きな反面、投資に対するリスクが少なからずあることを理解しておきましょう。

 

今後はICOに対する規制や法整備も進んでいくことが予想されます。国によっては全面的にICOの禁止に踏み切ることろも出てくるかもしれません。

とはいえICOには多大な魅力があることも事実です。この魅力の部分を活かし、問題点だけを解消してくれるようなうまい法整備に期待していきたいところです。