法定通貨と仮想通貨の管理の仕方の違いや信頼性について解説します。

法定通貨との違い

 

法定通貨とは

法定通貨といえば日本なら「円」、アメリカなら「ドル」といった具合に、各国が定めるその国の通貨のことを指します。

 

日本の法定通貨

言うまでもまく円は日本人にもっとも信頼されている通貨ですし、ドルもアメリカ人に限らず多くの人に使われている信頼性の高い通貨と言えるでしょう。ただ、まだまだ発展途上の国であったり、偽札が大量に出回ってしまった通貨などの場合、信頼性が低いと見なされてしまうものもあります。

 

そして法定通貨は日本なら日本銀行、つまり各国の中央銀行が発行し、管理しています。法定通貨には発行数の上限がなく、その時の情勢に合わせて中央銀行が発行数を決めて調整しています。
具体的には景気を良くしたい時は多くのお金を刷って出回らせ、逆に少し締めたいときには発行数を減らしたりもします。

 

額面は一定となっており、1円玉や100円玉、1000円札や10000札といった貨幣が実体として存在し、出回っています。

 

仮想通貨の場合

対して仮想通貨の場合、日本銀行のような管理をする機関は存在しません。
例えばビットコインであれば、発行はすでに決められたネットワーク上のプログラムに沿って自動的に行われ、将来的に発行されるビットコインの数もあらかじめ決まっており、変動することもありません。
上限がらかじめ決められていて、人為的に流通量が爆発的に増えてしまうようなこともないので、各国の金融政策などで価値が左右されることもない、という点は通貨として優れた点の一つだと思います。

 

信頼性の面で見た場合、日本では円は対外的にも信頼性が高く、仮想通貨が使えるシーンもまだまだ少ないことからビットコインであろうとも円には及ばないのが現状ですが、国によってはその国の法定通貨よりもビットコインの方が信頼性が高い、ということも起きてきているようです。

 

また、仮想通貨には実体がなく、そのすべてがインターネット上の口座にあるウォレットにデータとして保存されます。
取引所などで仮想通貨を買い足せばウォレットに追加され、送金や決済などで使えばそこから減る、といった仕組みです。

 

その他にもある違い

現時点で日本で円を使わずに仮想通貨だけで生活するのはさすがに困難かと思われますが、だからといって仮想通貨が法定通貨に劣っていると結論付けることはできません。
もちろんこれから先、もっと世の中に浸透してきて利便性が高まることにも期待はされますが、すでに仮想通貨が法定通貨よりも優れている点もいくつかあります。

 

まず、仮想通貨は偽者が作れません。法定通貨においては偽札などの問題がありますが、仮想通貨ではその心配は無用です。その詳しい理由については別ページを参照してください。

 

仮想通貨の安全性と信用

 

次に、決済や送金などの経済活動にかかるコストが圧倒的に安い点です。
これは仮想通貨の最大のメリットとも言える点ですが、「誰にでも、どこにでも、手間やコストをかけずに簡単に送金できる」というのは実に革新的です。

送金ができるという点が、似たもので言う電子マネーとの最大の違いとも言えます。

 

電子マネーとの違い