仮想通貨には取引所の破綻やサイバー攻撃による盗難など一定のリスクがあります。

仮想通貨に関するリスク

 

仮想通貨のリスク

 

2017年末の暴騰を機に、いままで興味がなかった層も含めた多くの人に仮想通貨は認知されました。
そして一攫千金を夢見て仮想通貨取引を始めようとする人が殺到し、取引所の対応がパンクするほどの賑わいを見せました。
しかし、その中には仮想通貨の本質や取引に際してのリスクをよく理解せずに安易に手を出している方も多くいたように思われます。

 

仮想通貨はまっだ適正価格が定まっておらず、暴騰と暴落を繰り返しています。
暴騰をうまく拾うことができれば多大な利益を生むことができますが、相応のリスクがあることは知っておく必要があります。

 

取引所破綻のリスク

仮想通貨の取引をするには取引所に口座を開設し、そこに日本円を入金するところからスタートします。
その日本円は一時的とは言えその取引所に預けていることになります。そしてもちろん、その日本円で買った仮想通貨も別のウォレットなどに移さない限りはその取引所に預けている形になります。

 

もしも万が一、資産を預けている取引所が破綻してしまえば唐突にその資産を失ってしまうことになるのです。

 

現に過去には米国大手のマウントゴックス社が破綻し、多くの投資家の資産が消滅したという事例もありました。
仮想通貨自体の仕組みに問題はなくても、このような外的要因によって資産を失うリスクはあるので取引所選びは慎重に行いましょう。

取引所の選び方

 

仮想通貨を盗まれるリスク

ビットコインを始めとする多くの仮想通貨はブロックチェーンという分散型台帳技術によって外部からの改ざんなどができない仕組みとなっています。
しかし、その仮想通貨を預けている取引所がサイバー攻撃などを受けて意図しない不正送金などが行われ、資産を失ってしまうというリスクはいまだに散在します。

 

もちろん各取引所にとって、このようなことが起きることは死活問題となるため、対策には相当な注力をしています。しかしそれでも防ぎきれないということがあるということは知っておくべきでしょう。

 

 

こういったリスクを回避するためには、独自のハードウェアウォレットなどを用意してそこに仮想通貨を保存するようにするなど、投資家それぞれの危機管理能力が必要とされます。


 

誤送信で資産を失うリスク

仮想通貨の送金は銀行での振込等に比べてかなり手軽に行うことができます。
これが仮想通貨の魅力の一つでもありますが、使い方を誤るとリスクにもなりかねないということを理解しておきましょう。
仮想通貨の送金は送信先のアドレスと送金額を入力し、ボタンクリック一つで完了します。パスワードを要求される点を除けばメールを1通送るのと変わらないほど簡単に完了します。

 

しかしこの送信先アドレスを間違えてしまうと、あっさりと他人の口座に送金が行われてしまい、これが一度行われてしまうと戻すことは困難となります。

初心者やネットに疎い方は細心の注意を払わないと些細なことから資産を失いかねない性質を持っているのです。