絶対に知っておきたい仮想通貨の用語を重要度の高いものだけ集めて解説しています。

仮想通貨用語集

 

仮想通貨用語集について説明する女性

 

何かと専門用語の多い仮想通貨。
これから始める方にとってはわからない横文字だらけでは困ります。

 

そこで私が仮想通貨を始めるにあたって勉強して得た知識を基に、簡単ではありますが用語の解説をしていきたいと思います。
FXや株取引と共通の用語も多いですが、仮想通貨をやるためには絶対に知っておきたい特に重要度の高いものに絞ってご紹介します。

 

あ行

アービトラージ

同じ仮想通貨でも取引所によって価格差があることを利用し、安く買った仮想通貨をそのまますぐに高い値段で売却して利益を得る、手間はかかるがリスクのない取引方法です。

 

ICO

仮想通貨を発行し、それの販売を通じて新事業の資金を調達する方法。いままでの企業への投資方法に比べ手軽というメリットがある反面、詐欺コインをつかまされたりするリスクもあります。

 

アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨の総称。構造はビットコインをベースにしているものがほとんどであり、代表的なものにライトコインやドージコインが挙げられます。

 

イナゴ
ウォレット

仮想通貨の取引に必ず必要になるもので、取引所内のウォレットや各自のPCなど好きなところに開設して仮想通貨を管理することができます。WEB上の財布といったイメージです。

 

億り人

仮想通貨の取引を通じて資産が1億円を超えた人のことを指します。

 

か行

カタパルト

仮想通貨の高速処理を可能にする技術の一つ。これからこの技術が搭載されるような銘柄には注目ですね。

 

ガチホ

「ガチガチにホールド」するといった意味合いの業界スラング用語です。仮想通貨の値がどのように動こうが動揺したりせず、ただひたすら長期保有をすることを指します。

 

気絶投資法

株取引や不動産などの投資に比べてボラティリティ(値動きの幅)が非常に高い仮想通貨は、値動きに一喜一憂していると精神的にも消耗し、正常な判断が出来なくなりがちです。それを防ぐため、気絶しているかのごとくチャートを敢えて見ずに放置するスタイルのことを指します。

 

さ行

サトシ(satoshi)

ビットコインの最小単位のことで、0.00000001BTC=1Satochiとなります。ビットコインの発案者であるナカモトサトシ氏の名前に由来しています。

 

塩漬け

価格に変動にも動じることなく買った仮想通貨を長期で保存することを指します。

 

仕手

巨額の資金を持った集団が、その資金を使って大きな値動きを起こし、一般トレーダーを意図的に市場に引き込んで価格の高騰や暴落を起こすこと。仮想通貨業界でも日常的に行われていると思われます。

 

上場

対象の仮想通貨が、特定の取引所での売買を開始すること。

 

ショート

元々はFX用語で、空売りの意味。
実際は仮想通貨を持っていない状態で、それを一旦借りて売るところからスタートし、価格が下がったところで買い戻しで返すことを狙う取引です。

 

スプレッド

仮想通貨の買値と売値の差のこと。なるべくスプレッドが少ない取引所の方が損をせずに済みます。

 

ソフトフォーク

ブロックチェーンの分岐などのアップデートの一種。ブロックサイズを変えずに過去のブロックの仕様を踏襲するので、大きな混乱が起こりにくいと言われています。

 

 

損切り

買った当初に対して損失が出ている銘柄に対して、これ以上の損失の拡大を防ぐためにそこで見切り売りを入れて損失確定させることです。

 

た行

トークン

代用貨幣の意味。ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の既存のブロックチェーン上に発行できるものであり、本質的には仮想通貨と同様のものとなります。

 

な行

ナカモトサトシ

2008年の秋ごろにネット上にビットコインに関する技術論文を突如発表した、言わばビットコインの創設者。日本人的名前ではありますが、実際に日本人なのか、そして男性なのか女性なのかもいまだに不明です。

 

ノード

仮想通貨のネットワークに参加(接続)している個別のプログラム(コンピューター)のことを指します。無数のノードが集まってそれぞれの役割を果たしていることで仮想通貨が構成されています。

 

は行

ハードフォーク

ブロックチェーンの分岐などのアップデートの一種。既存のブロックとは根本的に性質が異なるものになるため、互換性がなく、恒久的な分岐となるケースが多いです。

 

半減期

マイニングによる報酬が半減するタイミングのことを指します。
仮想通貨の知名度が上がりマイニングに取り組むノードが増えるほどその期間も狭まります。

 

ビットコイン

ナカモトサトシ氏の論文をベースに開発されて仮想通貨であり、いま現在もっともメジャーな仮想通貨です。

 

ピア・ツー・ピア(P2P)

銀行のような中央集権型のサーバーによる管理ではなく、仮想通貨のネットワークに参加している個人(Peer)同士が繋がり、お互いを信頼することで成り立っているネットワークのことを指します。
ブロックチェーンとP2Pを組み合わせることで、安全性とデータの整合性を保つことができています。

 

ブロックチェーン

仮想通貨に用いられている、分散型台帳記録システムのことを指します。仮想通貨のネットワークに参加しているノードそれぞれが持つブロックに取引の記録をし、それぞれを共有することによってデータの改ざんなどができない仕組みを実現しています。

 

ポートフォリオ

仮想通貨に限らず、債権や不動産、株などの金融商品の保有割合とその組み合わせのことを指します。

 

ま行

マイニング

ブロックチェーンはの取引記録の追記には膨大な計算が必要となり、ビットコインの場合、その追記作業はネットワークに参加しているコンピューターのリソースに依存しています。その結果として追記処理に成功したノードへは報酬としてビットコインが支払われます。報酬は新規発行されたビットコインで支払われます。この一連の行為をマイニングと呼びます。

 

や行

 

ら行

レンディング

保有している仮想通貨を貸し出し、その対価として日利を得ること。

 

ロング

ショートの逆で、通常の取引形態。
価格が安い時に仮想通貨を買い、値が上がったときに売ることを狙う取引です。

 

わ行